読むべき本、見逃していない?

7度目の正直! 直木賞に馳星周氏『少年と犬』

 第163回直木賞の選考会が2020年7月15日行われ、馳星周氏の『少年と犬』(文藝春秋)に決まった。同作は犬がテーマの短編連作集。一匹の犬が三陸の被災地から九州・熊本をめざす。途中出会うさまざまな人間とのかかわりがハードボイルドなタッチで描かれる。

inu.jpg
画像は『少年と犬』(文藝春秋)

 馳さんは、1965年北海道生まれ。横浜市立大学卒業。出版社勤務、書評家などを経て、1997年デビュー作『不夜城』で第116回直木賞候補となり、今回で7回目の候補だった。

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

記者発表の一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?