読むべき本、見逃していない?

「BiSH」リンリン。強いて言うなら、姿勢よくいようと思っている

 揺れ動く少女の心をストレートに歌い上げる「BiSH」。

 最近、美しさが増したという彼女たちに、女性ファッション誌が1万字のインタビューで切り込んでいる。

写真は、「CanCam」2020年9月号(小学館)付録の「BiSH」特大ピンナップポスター(撮影:Nobuko Baba(SIGNO)、提供:小学館)

 「CanCam」2020年9月号(小学館)にBiSHが初登場。「どんどん磨きがかかる6人の美について、本人たちもびっくりするほどあらゆる方向に深掘り」というインタビュー企画で彼女たちのメイク、ボディケア、マインドにわたるまで特集している。

 コメントの一例は次の通り。

--普段使っているコスメについて

「今の気分はオレンジなので、オレンジ色の"MiMC"のシャドウと"ナチュラグラッセ"のチークをヘビロテ中!」(セントチヒロ・チッチ)

「最近カラコンをやめたので、アイラインの引き方を研究しています。"メイベリン"の黒のライナーで、目尻だけ跳ね上げて引くのがお気に入り。あとは"シャネル"の赤リップ」(アイナ・ジ・エンド)

--私らしくく生きるためのルール

「人の意見に左右されないことかな。今ってネットで検索すると自分がどう見られているか全部分かるし、エゴサもするけど、真に受けないようにしています」(モモコグミカンパニー)

「正直、精神的に心がけていることも我慢していることもありません。強いて言うなら、姿勢よくいようと思っているくらい(笑)」(リンリン)

 強くて繊細な歌詞を歌い上げる彼女たちの側面を知ることができる興味深いコメントが並んでいる。曲を聴きながら読むとBiSHの世界に深く入り込めそうな内容だ。

 なお、「CanCam」9月号には、スペシャル特典としてBiSHの特大ピンナップポスターも付いてくる(A3サイズ、前出写真)。

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

雑誌・ムックの一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?