本を知る。本で知る。

チーズは美女、ワインは洋服! 「日本一の庶民派ソムリエ」ヒット作第2弾

  Q. ワインにいちばん合うチーズとは何だろうか?
  A. ワインの種類による。

画像は、『図解 ワイン一年生 2時間目 チーズの授業』(サンクチュアリ・パブリッシング)
画像は、『図解 ワイン一年生 2時間目 チーズの授業』(サンクチュアリ・パブリッシング)

 2020年7月8日に発売される『図解 ワイン一年生 2時間目 チーズの授業』(サンクチュアリ・パブリッシング)は、2015年に発売して以来、10万部のヒットになっている『図解 ワイン一年生』の第2弾だ。本書は、ワインといえば定番のおつまみ「チーズ」の魅力に迫る1冊である。

 世界中に1000種以上もあると言われているチーズのうち、日本人が認識しているのはなんとわずか数パーセントに過ぎないのだという。重めの赤ワインに合うチーズと、軽めの白ワインに合うチーズは全く別物なのだ。

画像は、『図解 ワイン一年生 2時間目 チーズの授業』(サンクチュアリ・パブリッシング)より。擬人化チーズ×洋服化ワインの組み合わせが斬新
画像は、『図解 ワイン一年生 2時間目 チーズの授業』(サンクチュアリ・パブリッシング)より。擬人化チーズ×洋服化ワインの組み合わせが斬新

 著者の「日本一の庶民派ソムリエ」小久保尊(こくぼたける)さんいわく、「ワインとチーズの組み合わせ次第では1,000円のワインが高級ワインに化ける」。その複雑な組み合わせを、本書ではチーズを擬人化、ワインを洋服化し、コミカルにわかりやすく解説している。オールカラーかつイラストやコミックも豊富で、ワイン初心者でも親しみやすい。

画像は、『図解 ワイン一年生 2時間目 チーズの授業』(サンクチュアリ・パブリッシング)より。ワイン本にありがちな「堅苦しい」ムードはゼロ
画像は、『図解 ワイン一年生 2時間目 チーズの授業』(サンクチュアリ・パブリッシング)より。ワイン本にありがちな「堅苦しい」ムードはゼロ

 小久保さんは、日本ソムリエ協会認定ソムリエであり、CPA認定チーズプロフェッショナルでもある。大学在学中から船橋市内の有名な飲食店などで経験を積んだ後、2011年9月に「ワインと肉 COQ DINER」をオープン。その翌年10月には、2号店となる「立呑み 燻製 COQ DINER離-HANARE-」をオープンした。「日本一の庶民派ソムリエ」として語る、ワイン案内の「敷居の低さ」に定評がある。

 サンクチュアリ・パブリッシングの公式サイトでは、本書の一部を試し読みできる。ワイン&チーズ好きの人はもちろん、これから勉強したい人もチェックしてみてはどうだろう。


オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

アニメ・コミックの一覧

一覧をみる

書籍アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

漫画アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?