本を知る。本で知る。

全員が主役になれる時代の生き方 ~占い師・Love Me Doに聞く~(第3回)

 「今、一番当たる!」と話題の占い師「ラブちゃん」ことLove Me Do(ラヴ・ミー・ドゥ)さん。前回の記事「『人相術』はリモートワークにも使える! ~占い師・Love Me Doに聞く~(第2回)」では、Love Me Doさんが「他の占いの本とここが違う!」と思う本書の読みどころを聞いた。第3回は、Love Me Doさんにこれからの時代の生き方を聞く。

アップ.jpg
写真は、占い師・Love Me Doさん。

お笑いより占いが向いていた

―― 吉本興業から芸人としてデビューした後、独学で占いを始めたそうですね。芸人プラス占いをやろうと思った背景には何があったんでしょうか。

Love 芸人になって挫折と言うか、「お笑い芸人としては才能的に無理かな」って感じたんですよ。最初、吉本の社員さんに「お姉キャラだったらいいんじゃない?」と言われて、「じゃあ、お姉キャラで」と活動していました。当時、お姉キャラの人たちがよくテレビに出ていたんですけど、彼らは何か職業がある上でお姉キャラとして活動していると。それで、吉本の社員さんに「占いはどう?」と言われたんです。お姉キャラも占いも視聴率をとる。完璧じゃないかと。「あぁ、そうか」と思って、そこから占いを始めました。

 中学時代にタロットカードをやったり、昔から心霊体験があったりしたこともあって、「いけるかも」と思ってやってみました。そうしたら理屈や理論がすごく面白くて、いろいろな先生の下で学ぶチャンスもいただいて、ハマっていきましたね。お笑いより占いの方が向いているな、と。お笑いではなかなか仕事をいただけなかったのが、占いではすぐに仕事をいただけるようになって。「あ、向いているってこういうことなのかな」と思いました。

運命の巡りあわせがどの年齢で訪れるか

―― 本書に「性格を分析することが得意だから占い師は向いていると言われた」「先祖代々霊感家系で子供のころから、これを何かに生かしたいと常々思っていた」とあります。もともと占い師の素質があると感じていたんでしょうか。

Love そうですね。今まで生きてきて、たとえば勉強もそんなに好きになれないし、スポーツもそこそこ。努力とともに才能が求められるお笑いの世界で生きていこうとしたときに、やっぱり何か一個突き抜けない。「自分には向いていないんじゃないか」と思ったんです。それが占いを始めた途端に仕事をいただけるようになって、「向いているっていうのは、こういうことなんだ」と感じましたね。

 たとえば、幼い頃に一冊のピアノの教科書を見て弾いてみたらすごく上手だったとか。こうした運命の巡りあわせがどの年齢で訪れるかによって、人生は変わるんだろうなと思います。私は吉本に入ったおかげで、その社員さんに巡りあったおかげで、占いが向いていることに気づけました。その社員さんが、私にとって一番の占い師ですね。

本人と書籍.jpg
写真は、占い師・Love Me Doさん。

―― 社員さんの一言で、その後の道が開けたんですね。

Love その人の言葉を信じたことが大事だと思うんですよ。きっとみんな誰かに「これが向いているんじゃない?」と言われているんですけど、「え?」と思ってやらなかったりする。向いている・向いていないって、自分では客観的に見えないから。言ってくれた人の言葉を信じる勇気を持つことが大事ですね。

―― 現時点では何が正解か分かりませんが、人の言葉を信じることが大事なんですね。

Love この本に書いてあることも、もし自分はそう思わなかったとしても、信じて行動に移してみる。やってみたら、もしかしたら人生が変わるかもよ、って思います。

プロフィール.jpg
写真は、占い師・Love Me Doさん。

これからの時代の生き方

―― 先行きが見通せない今、これからの日本、世界はどうなっていくのか。誰もが気になっていると思います。現時点で感じていることを教えてください。

Love 今後はやっぱり全員が主役になれる世界なんですよ。たとえば、これまでスターになる方法はテレビに出るしかなかったんですけど、今は誰でも自己表現をして、アピールして、いいねをもらって、報酬をもらえる時代になってきています。依存していく生き方よりも、一人ひとりが自分の意思を持って発信していくことに目覚めたほうがいい。そういう方向に覚醒していきましょう。

 あとは、一個に頼っちゃいけない時代です。たとえば、安心のために学歴だけを手に入れて、学歴があれば大丈夫、と思っちゃダメ。保険というか、これがダメでもこれがあるというように、道をいくつも持つ生き方をしましょう。若い世代は、遊びを仕事にしていきましょう、と思いますね。

 あとはとにかく、最先端のものが苦手な人も、デジタルなものをやっていかなきゃダメ。アプリが苦手とか言い訳せず、新しく入ってきたものに対応して、アップデートしていく。もちろん伝統的なもの、大切なものを残しながらですけど、それを面倒くさがっちゃいけない時代ですね。

―― 勉強になります。ここしばらく外に出る機会が減って、内に籠ったり、身だしなみが適当になったりしているんですけど、本書を読んで運気を上げるとともに、日常的にやっておくといいことはありますか。

Love そうですね、やっぱり鏡を見ることじゃないですか。鏡を見たり自撮りしたりして、ある意味、ショックを受けることも大切かもしれない。「やばい、顔にしまりがない」「ちょっと太った」「眉毛カットしていない」「お肌が」とか。それを見て、このままじゃいけないと思って努力する。自分を磨く。この本で内面を磨きながら、外見も磨くことですね。

 両方やっておけば、今度人と会う時にパワーアップした自分が出て「キラキラしているね」って言われるようになると思います。逆に、今の状況が良かったと思うかもしれないし。意識することで、顔つきも変わってきますから。

―― 最後に、読者のみなさんへメッセージをお願いします。

Love 幸運になってほしいですね。やっぱり、みんなに楽しく生きてほしい。笑顔が自然と生まれる、そんな顔つきになってほしい。アドバイスじゃないですけど、手を差し伸べるじゃないですけど、みんなが心から笑えるように何かできたら、と思っています。

―― ここ、アンダーライン引きたい! と思うような深く刺さる話を聞くことができた。先行きが見えない日々にモヤモヤする......。最近いろいろ停滞気味......。そんな人はぜひ、Love Me Doさんの本書『1秒で分かる! 人相術――顔には9人の神さまがいる!』を読んで、幸せへの道を切り開くヒントを受けとってほしい。

表紙.jpg
写真は、本書『1秒で分かる! 人相術――顔には9人の神さまがいる!』(光文社)の表紙。

■Love Me Doさんプロフィール

 占い師、風水師、占星術家。東洋、西洋の占術に精通し、「ヒルナンデス!」(日本テレビ系)、「日向坂で会いましょう」(テレビ東京系)、「有吉ジャポン」(TBS 系)、「アッコにおまかせ!」(TBS 系)、「あさイチ」(NHK)、「王様のブランチ」(TBS 系)、FM GUNMAなど、テレビ・ラジオ出演多数。著書に『部屋の角には神様がいる! Love Me Doの5分で簡単引き寄せ風水』(宝島社)、『3秒でわかる! 手のひら手相術――手に龍神様が走る!』(さくら舎)、『30歳で星座が変わる! アラサー星占い』(学研プラス)、『鏡の中のりんごは何色ですか? 悩んだ時に啓示が降りてくる"神様の直感占い"』(サイゾー)、『月と風水――時間と空間を操る時空風水』(ゴマブックス)、『「もしもし神様ですか?」幸運を呼び込む開運スマホ術』(リットーミュージック)などがある。

<この連載を読む ~占い師・Love Me Doに聞く~>

第1回「『人相術』で幸せへの道を切り開く!」
第2回「『人相術』はリモートワークにも使える!」

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

インタビューの一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?