本を知る。本で知る。

五十嵐大介が描く『鬼滅の刃』ファンアート 「BRUTUS」4年ぶりに1冊まるごとマンガ特集

「マンガが好きで好きで好きでたまらない」。表紙一面を埋め尽くすマンガのコマにかぶせるように、力強く書かれたメッセージ。強烈なインパクトで目を引くのは、2020年6月1日に発売したカルチャー誌「BRUTUS」917号(マガジンハウス)だ。

画像は、「BRUTUS」917号(マガジンハウス)
画像は、「BRUTUS」917号(マガジンハウス)

 1号まるごとマンガを特集するのは、「BRUTUS」で4年ぶり。マンガを愛してやまない、肩書もさまざまな25人の著名人が、自身の愛読マンガを案内してくれる。ファンタジー、バトル、ギャグ、ミステリーとジャンルもさまざまだ。

 インタビュー一覧は、以下の通り(敬称略)。


『波よ聞いてくれ』×佐久間宣行
『東島丹三郎は仮面ライダーになりたい』×川島明(麒麟)
『水は海に向かって流れる』×澤部渡(スカート)
『遺書、公開。』×市川紗椰
『ハコヅメ~交番女子の逆襲~』×神田伯山
『チェンソーマン』×榎本俊二
『北北西に曇と往け』×石塚元太良
『青野くんに触りたいから死にたい』×戸田真琴
『藤岡拓太郎作品集 夏がとまらない』×松尾スズキ
『ブルーピリオド』×箭内道彦
『さんかく窓の外側は夜』×ゆうこす
『マイ・ブロークン・マリコ』×幡野広志
『ここは今から倫理です。』×ダ・ヴィンチ・恐山
『星の王子さま』×蓮沼執太
『一生好きってゆったじゃん』×村田沙耶香
『呪術廻戦』×伊地知潔(ASIAN KUNG-FU GENERATION)
『夢中さ、きみに。』×枡野浩一
『ペリリュー-楽園のゲルニカ-』×井上裕介(NON-STYLE)
『ワールドトリガー』×岡田育
『AIの遺電子』×宮川達彦
『竜女戦記』×岡田利規


 さらに、マンガ家6人による豪華描き下ろしイラスト全6作品も掲載されている。なんと、マンガ家本人が愛する作品のコラボイラストを描き下ろすという、ここでしか見られない貴重な企画だ。『海獣の子供』の作者・五十嵐大介さんが描く『鬼滅の刃』、『からくりサーカス』の作者・藤田和日郎さんが描く『狭い世界のアイデンティティー』など、美麗な作品が並ぶ。

 副読本として、「30巻超えにも怯まない! 長編大作攻略読本」も付いている。完結したら読もうと思っていたら、いつのまにか30巻を超えて手を出しづらくなった作品や、途中まで読んで止まっている作品はないだろうか。

 そんな長期連載中の人気作品15作を、重要ポイントにしぼって各1ページずつに圧縮したガイドブックだ。これから最新巻に追いつきたい人も、読んだ作品をおさらいしたい人も持っていて損はないだろう。

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

雑誌・ムックの一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?