読むべき本、見逃していない?

よしもとを語りたい人は要チェック。東野幸治が語る芸人たちの横顔

 お笑いタレントの東野幸治さんによるエッセイ集『この素晴らしき世界』(新潮社)が2020年2月27日に発売された。本書は、「週刊新潮」の連載をまとめたもので、東野さん目線で、よしもと芸人の横顔が紹介されている。

 東野幸治さんは、1967年兵庫県宝塚市生まれ。高校在学中に吉本興業の新人オーディションに合格してお笑いタレントになった。気持ちよく笑える毒舌ぶりが人気となり、バラエティ番組などの司会を中心に活躍。無類のゴシップ好きとしても知られている。

higasinosan1.jpg
写真は、東野幸治さん

 今回のエッセイ集では、西川きよしさんや坂田利夫さん、宮川大助・花子さんらなどの師匠級の芸人から、米ニューヨークに活動拠点を移したピースの綾部祐二さん、人気上昇中のお笑いコンビガンバレルーヤのよしこさんまで、幅広い芸人さんが登場している。

 中でも、東野さんが「コンビの片方を書いたらもう片方を書くのはやめておこう」と自分で勝手に決めていた連載のルールを即座に変更したというのが、リットン調査団の水野さんだ。

 相方の藤原さんは先に「たぶんもう一生売れない男」と紹介していたが、しかし、バラエティ番組「水曜日のダウンタウン」(TBS系)の企画で芸歴が長いのに未だにバイト生活を続ける水野さんの姿を見た東野さんは、ルールを曲げてまでも水野さんを書くことを決めたという。

higashinosan2.jpg
写真は、東野幸治さん

 エッセイには、テレビで放送された内容からだけでは見えない芸人の横顔が書かれていて、人としての面白さの理解が深まる。お笑い好きの方やよしもとを語りたい人にとっては必読の内容だろう。

 なお、各人ごとに「最近こんなことをしています。」という本人からのメッセージが付いている。メッセージの量も書き方も人それぞれで、そこもまた面白い。ちなみに、リットン調査団の水野さんは、未だにアルバイト生活が続いているそうだ。


 「BOOKウォッチ」編集部では、出版に際し東野さんに話を聞いた。

―― 紹介するゲストについて候補を新潮社と事前調整していたのですか?

東野 しなかったです。新潮社さんとしては、松本人志さんなどを書いてほしかったと思うのです。しかし、僕が書くのは大西ライオンさんなどでしたが、それでも、ちゃんと掲載していただけました。

―― 新潮社から原稿の差戻しなどはあったのですか?

東野 1回だけありました。宮川大助・花子さんの回を書いたときに、あまりにも僕の思い入れが強すぎたために、原稿のテイストをほかの回と合わせてほしいというオーダーがありました。

―― 本が完成したとき、登場いただいたゲストからの反応はありましたか?

東野 本が完成してすぐ、登場いただいた方にお送りしました。さっそく、今日時点で(2月28日)返事をいただいた方もお一人います。

―― どなたでしょう?

東野 藤井隆さんです。なんか、納得でしょう。お礼の連絡が来ました。他の皆さんも、これから連絡いただけるのだと思います。

―― 今日はありがとうございました。改めて出版おめでとうございます。

東野 ありがとうございました。

 東野さんは、取材の中で、吉本興業が大きく成長を遂げていく姿を真横で見ることができたのは、とてもよい経験だったと語っていた。
 東京の事務所が赤坂の小さなマンションの一室にあった頃の話や、神保町に移った頃、そして今の新宿の事務所など「会社、大きいなったなぁ」と実感することもあるそうだ。そして、東野さんが「伝説の会長」という林正之助(はやし しょうのすけ)会長(故人)との思い出も持っているという。
 永きにわたって吉本興業の第一線で活躍してきた東野さんだからこそ、このエッセイが書けたことは言うまでもない。

 以下は、『この素晴らしき世界』の概要。

西川きよし師匠の話
愛すべきアホ、坂田師匠
イイでしょ、品川祐
ツッコみ続ける男、ほんこんさん
許される男、メッセンジャー黒田
天下を取りたい男、ダイノジ大谷
千の顔を持つ男、天津木村
流転の芸人、桂三度
心配しない男、大西ライオン
多くを語らない男、なかやまきんに君
優しさと狂気の狭間で踊る男、藤井隆
何事も用意周到な男、山里亮太
アホがバレた男、ココリコ遠藤
吉本イチの奇人、次長課長井上
スケールのデカいバカ、ピース綾部
度が過ぎる芸人、若井おさむ
テレビに出たくない芸人、NON STYLE石田
宣言しまくる男、キングコング西野
たぶんもう一生売れない男、リットン調査団藤原
今度こそ幸せに! 陣内智則君
のしあがる男、カラテカ入江
破天荒風芸人、ノブコブ吉村
ブレイク前夜芸人、中山功太
元気が出る男、トミーズ健
チッチキチーな男、大木こだま
おちょけ過ぎ芸人、矢野・兵動、矢野
どこかふざけてる女、ガンバレルーヤよしこ
お笑いにṆ愛された男、三浦マイルド君
執念と愛に満ちたコンビ、宮川大助・花子
還暦間近のアルバイト芸人、リットン調査団水野
加藤の「乱、乱、乱」、極楽とんぼ加藤


subarasikisekai.jpg
東野幸治 著『この素晴らしき世界』(新潮社)

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

インタビューの一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?