読むべき本、見逃していない?

『やまゆり園事件』 神奈川新聞取材班著

  • 書名 やまゆり園事件
  • 監修・編集・著者名神奈川新聞取材班 著
  • 出版社名幻冬舎
  • 出版年月日2020年7月22日
  • 定価本体1800円+税
  • 判型・ページ数四六判・367ページ
  • ISBN9784344036406

 2016年7月26日未明、神奈川県相模原市の知的障害者施設「津久井やまゆり園」で、入所者ら45人が殺傷された「やまゆり園事件」。犯人は、元職員の植松聖、当時26歳。「障害は生きるに値しない」という強い差別意識からの犯行だった。

 だが、地元紙・神奈川新聞で取材にあたった記者たちは、誰一人として、この事件を「特異な考えを持った人間が起こした特異な事件」と捉えていなかったという。いまの社会で、命は本当に「平等」なのか。

 「生産性」や「有用性」で人の命を値踏みする「優生思想」は、誰の心のうちにも潜んでいるのではないか。分断しない社会、真の「共生社会」はどうしたら実現するのか。

 植松死刑囚との37回の接見ほか、地元記者が、事件が突きつけた重い問いに、迷い、悩みながら4年間にわたり懸命に取材を続けた、渾身(こんしん)のドキュメントである。

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

夕刊フジ

産業経済新聞社発行が発行する、首都圏・近畿圏を中心に販売されているタブロイド判夕刊紙。ターゲットは30代~60代を中心とした都市型男性ビジネスマン。 WEB版は「ZAKZAK」(http://www.zakzak.co.jp/)で、紙面と同じ記事だけでなく、WEBオリジナルの記事も人気。 書評は毎日掲載しており、紙面ではこのコラムで掲載されたもの以外も読むことができる。

記事一覧 公式サイト

夕刊フジの書評からの一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?