読むべき本、見逃していない?

「『豊臣政権の貴公子』宇喜多秀家」 大西泰正著

  • 書名 「豊臣政権の貴公子」宇喜多秀家
  • 監修・編集・著者名大西 泰正 著
  • 出版社名角川新書
  • 出版年月日2019年9月 7日
  • 定価本体860円+税
  • 判型・ページ数新書判・288ページ
  • ISBN9784040822877

宇喜多秀家といえば、豊臣時代の「五大老」として知られる人物で、本書は最新研究を元にしたその本格評伝。備前・美作など約50万石を治め、20代で政権の中枢に上りつめた生涯はどのようなものだったのか。

著名な武将と思いきや、これまで全容が明らかでなかったという。戦国有数の謀将とされる父直家の時代から始まり、期待の若武者として小田原や朝鮮に参陣。秀吉の養女、樹正院との結婚を経て上りつめるまで。関ケ原の戦いの敗戦で一転して流罪となった後。史料を駆使して、秀家の実像が丹念に解説される。

なお、宇喜多氏はたくみに流罪先の八丈島で存続し、明治維新後ついに島からの帰還を果たす。宇喜多氏研究の第一人者である著者は、これを「これほど奇妙な運命を辿(たど)った一族は二つとあるまい」と語る。

秀家を中心とした関ケ原に至るまでの過程も理解できる、珍しい1冊でもある。

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

夕刊フジ

産業経済新聞社発行が発行する、首都圏・近畿圏を中心に販売されているタブロイド判夕刊紙。ターゲットは30代~60代を中心とした都市型男性ビジネスマン。 WEB版は「ZAKZAK」(http://www.zakzak.co.jp/)で、紙面と同じ記事だけでなく、WEBオリジナルの記事も人気。 書評は毎日掲載しており、紙面ではこのコラムで掲載されたもの以外も読むことができる。

記事一覧 公式サイト

夕刊フジの書評からの一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?

sub