読むべき本、見逃していない?

日本で最も行くのが大変な「高天原温泉」はどこにある?

  • 書名 秘湯めぐりと秘境駅
  • サブタイトル旅は秘境駅「跡」から台湾・韓国へ
  • 監修・編集・著者名牛山隆信 著
  • 出版社名実業之日本社
  • 出版年月日2019年2月 7日
  • 定価本体780円+税
  • 判型・ページ数文庫判・272ページ
  • ISBN9784408554594

 本書『秘湯めぐりと秘境駅』(実業之日本社文庫)の著者、牛山隆信さんは「秘境駅」の専門家として超有名だ。これまでに同じような本をたくさん出している。

 今回のテーマは、サブタイトルにあるように、「旅は秘境駅『跡』から台湾・韓国へ」。つまり現存する「秘境駅」ではなく、かつてあった「駅」の跡をたどり、さらに近隣国にも足を伸ばしている。

危うく溺死しそうになる

 まず「消えた秘境駅」から。これがなかなか厄介だ。今は使われていない。なぜかと言えば、その駅への需要がなくなったから。

 全国各地の赤字ローカル線がとっくに消えて、多数の駅が消えたことは容易に想像がつく。しかし、マニアの中のマニアである牛山さんが目指す「消えた駅」は、国道わきに残っているようなありきたりの廃駅ではない。

 冒頭に登場するのは北海道の「神路(かみじ)駅」。「神」の「路」という名前からしても、人里から離れている感じが強烈だ。1922年に北海道の宗谷本線の一般駅として開業、のちに信号場に格下げされた。昔は林業で栄えたそうだが、住民が集団離村し、85年に廃駅になった。いまや周囲には人家は一軒もなく、完全に陸の孤島だ。

 どうやってたどり着くか。グーグルマップを参考にしながら川沿いに渡渉する方法を考えついた。実行したところ、途中で川の深みにはまって危うく溺死しそうになる。何とか自力で岸に這い上がったが、しばらくは茫然自失、動けなかった。

 この方法では駄目だと方針転換、登山靴に履き替えて徒歩行に切り替える。クマよけのために鈴やスプレーなども装備した。ピストルも忍ばせたが、本物ではない。100円ショップで買った模造品だ。引き金を引くと、大きな音だけは出るので、クマを驚かすことができると考えた。

 大変な苦労の末に何とか廃駅にたどりつく。ホーム跡も駅舎もすべて撤去されていた。痕跡すら見つけにくかった。帰り道はヘッドライトを頼りに歩く。とつぜん周囲のクマザサが揺れた。やばい! とうとうヒグマが出たか、とピストルのトリガーに指をかけたが、ガサガサという音は次第に遠ざかっていった。たぶんエゾシカだったのだろう。

片道21キロを歩く

 「廃駅」探検はざっとこんな感じ。誰にもすすめられるものではない。続いて登場するのが、「野湯」探検だ。

 人里離れたところにある温泉は「秘湯」と呼ばれるが、「野湯」はさらに到達困難な所にある。著者によれば、「秘湯」は、どんな山奥にあっても人に管理されているが、「野湯」は基本的に自然のままの状態。太古の世界だ。

 まずトライしたのが、北海道の渡島半島の山奥にひっそりと沸く「金花湯」。国内に数ある野湯の中でも難度が高い。片道21キロ。全行程が徒歩。日帰りは不可能で、現場でテント泊。沢下りで落下して打撲するアクシデントもあったが、徒歩7時間強で何とか到達できた。特濃の硫黄湯。そこは確かに別世界だった。

 途中の道の描写が面白い。「自問自答の道」。先に進むか、あきらめて引き返すか。そんなポイントもあるという。

 著者は「日本一遠くにある秘湯」にもチャレンジしている。その名も「高天原温泉」。九州にあるのかと思ったら、そうではなかった。標高2100メートル。片道13時間。どこにあるのかは本書でのお楽しみだ。

「名人」と同じ心意気

 さらに著者のアタックは台湾・韓国へと広がる。このあたりは何となく、日本の山を征服して海外の山へ、ヒマラヤなどを目指すクライマーに似ている。著者は冒頭で記している。

 「今回のテーマは『冒険』です・・・多額の費用をかけて挑む数千メートルを超える高山や極地探検のような大冒険ではなくても、自分にもできる精一杯の冒険を紹介したいと思ったのです。なぜなら、現代に生きる人々は便利になった半面、多くの制約に縛られるとともに、危険なものは最初からアンタッチャブルとして、自由な発想の芽さえも潰されていると感じたからです」

 著者は「秘境駅」の名づけ親だという。本書を読んで感じるのは、その著者のあくなき探究心と、このジャンルでトップを走り続けようとする気迫だ。世間で「名人」と言われるような人が、しばしば「まだまだ修業中」「さらに上を目指す」などとコメントしているが、同じような心意気を感じた。

 本書を最初に手に取った時は、もっと写真を大きくしてもらって、本文は簡単な写真説明だけでいいのに・・・と思ったが、実際に本文を読むと、本多勝一の秘境探検並みに、著者が果敢にチャレンジしている様子がうかがえ、これはやっぱり本文が必要だとを納得した。

 本欄では関連して『秘境神社めぐり』(ジー・ビー)、『トカラ列島 秘境さんぽ』(西日本出版社)、『秘島図鑑』(河出書房新社)なども紹介している。

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

デイリーBOOKウォッチの一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?

sub