読むべき本、見逃していない?

危ない医者や弁護士、どうやって見分ける?

医療事故に「遭わない」「負けない」「諦めない」

 医者と弁護士――両方の資格を持っているという人が、最近、たまにいるようだ。本書『医療事故に「遭わない」「負けない」「諦めない」』(扶桑社新書)の著者、石黒麻利子さんもその一人だ。

 先ごろ失脚した新潟県知事のように、両方の資格ホルダーは、あまりにも神童すぎて、世間に疎くなることもありうる。しかし石黒さんはしっかり地に足がついている。本書は、しばしば問題になる「医療事故」について、医者と患者の双方の立場に目配りしながらバランスよく平明に解き明かしている。

実体験に基づいて選んだ道

 著者略歴によると、石黒さんは1992年、藤田保健衛生大学大学院医学研究科博士課程修了。医学博士として理化学研究所や国立精神神経センター神経研究所などで主に脳神経科学の研究に携わった後、法曹を志し、2006年、中央大学法科大学院を修了、司法試験に合格して医療専門弁護士として働いている。東京地方裁判所民事調停委員、医療ADR(裁判外紛争解決)のあっせん仲裁人なども務めている。

 医者を志したのは、子供のころ、母親がくも膜下出血で急逝したことが大きな理由だという。そのため脳科学者になったが、弱い立場の人を守りたいと改めて弁護士を志した。その勉強中に義父が医療事故に遭って、家族として大変な思いをしたこともあり、医療専門の弁護士になったという。こうした実体験に基づいて選んだ道だけに、単に頭の良さを売りにしたような「ダブルホルダー」とは一味違って、医療事故を当事者の目線で考えようとする姿勢が強く感じられ好感が持てる。

あり得ないミスも

 「第1章 医療専門弁護士が見た医療ミスの現場」では実際に石黒さんが扱ったケースが紹介されている。左右の腎臓を取り違えて切除するとか、直腸と肛門を間違えるなど、プロの仕事とは思えない例があり、あきれてしまう。

 なかでも、胸の痛みを訴えたサラリーマンが、夜間の救急で診療を受けたが返され、早朝に心不全で死亡したケースなどは他人事と思えなかった。評者も急に鼻血が出て止まなくなり、しかも片側の視野に異常が起きて、救急センターに運ばれ、「脳に異常が起きているのでは」と訴えたことがあるからだ。医師は検査もせず鼻血を止めただけ。帰宅させられ、翌日、別の眼科に行ったら、すぐに「脳の異常を」を察知。前夜の病院に通報して戻され、CT検査で脳出血が判明した。しばらく入院したが、幸い別の医師による治療が成功し、予後が良好なので、こうして原稿も書ける。

 入院中に、最初に救急を担当した看護師が「申し訳ありませんでした」と謝りに来たが、医師は知らんぷり。超有名な大学病院で実際にあった話だ。後日、眼鏡づくりで、眼鏡チェーン店に行ったら、若い店員でさえも、「脳出血で視野異常」になることを知っていた。本書には「医師は専門外のことは知らない」という項目もあるが、まさに実感する。

 ほかにも、評者の周辺では、ひどい頭痛を訴えたのに検査もされず風邪と診断され、くも膜下出血で亡くなったとか、リウマチと診断されたが、整体で治ったとか事例に事欠かない。もちろん、長く股関節脱臼で悩んでいたが、人工股関節で別人のように歩けるようになったとか、超音波の検診で異常が見つかり、あわやのところで助かったとか、病院に大感謝の事例も多々ある。

勝訴の確率は低い

 本書には、「危ない」医師や弁護士の見分け方も出ている。美容整形における事故への対応策についても一章さかれている。医療訴訟は長引くことが多く、一般の民事事件に比べて勝訴の確率は低く2割程度。半分は和解だという。Q&A形式で、医療事故、医療訴訟についてのガイダンスも掲載されているので参考になる。

 このほか、「医師がカルテの改ざんや隠匿を行うこともある」「医療ミスはこうやって証明する」「医療裁判以外の紛争解決方法もある」「示談はどのようにまとめればいいのか」など気になることが取り上げられている。著者の初著作だというが、文章なめらかで理路線然としており、頭に入りやすい。

 生きている限り、何かとお世話になる病院。不幸にしてミスに遭遇する可能性はだれにでもある。著者は広い意味での「患者力」を高めることの大切さを説く。本書は様々な裏事情を明かしつつも、ニュートラルな立場で書かれているので、一読しておくのと何かと役に立つだろう。実際に問題が起きた時はこの著者に相談したい、この著者の言うことなら信頼できそう、と思ってしまうような良書だ。

  • 書名 医療事故に「遭わない」「負けない」「諦めない」
  • 監修・編集・著者名石黒麻利子 (著)
  • 出版社名扶桑社
  • 出版年月日2017年12月24日
  • 定価本体820円+税
  • 判型・ページ数新書・222ページ
  • ISBN9784594078935

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

デイリーBOOKウォッチの一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?