読むべき本、見逃していない?

少年と幽霊少女の恋、2人が結ばれる方法は?

あの日から君と、クラゲの骨を探している。

 「クラゲの骨」は存在しない。清少納言は「枕草子」の中で、ありえないことという意味で「クラゲの骨」の言葉を使っている。

 本州最北端の田舎町で、無気力に生きていた金髪の高校生・蒼は17歳の春、気まぐれに立ち寄った心霊スポットの廃病院で、凜という地縛霊の少女と出会う。凜は、30年前に病死した永遠の16歳。儚げな容姿と芯の強さを併せ持つ。

 将来の夢もなく、生きることが面倒だと言う蒼に、「バカッ!!」と本気で怒る凜。その瞬間、蒼の中で何かがスパークし、あっという間に心を奪われ、凜に告白する。蒼は凜の中に、本気になれる何かを見つけようとする。一方の凜は、生きることに投げやりな蒼の態度に不快感を抱く。しかし、ストレートに「好き」をぶつけてくる蒼に対して、凜の心はしだいに惹かれていく。

 凜が住む廃病院には、水死したフランス人のボビー、自殺した元女優の明日香、スーツ姿で元高校教師の高田さん、事故死した元大学生の吉澤君という、個性的な幽霊仲間がいる。彼らの間では、生きている人間さながらのやりとりが繰り広げられる。

 蒼の右手首には、蒼が霊感体質になる原因となった、祖母の形見の黒数珠がはめられている。何度外そうとしても、外せない。蒼と凜をめぐり会わせたその数珠には、2人の絆に関わる秘密があった――。

 無気力に生きる少年と、真面目に、でも死んでいる幽霊少女が、互いに心を揺さぶられ、鼓動を感じ合う恋をする。大切な人とともに生きていること、触れられることは、生きていると、つい当たり前に思ってしまう。その前提がない2人の恋を、応援したくなる。

 本書『あの日から君と、クラゲの骨を探している。』(宝島社、2018年)の著者である古矢永塔子は、青森県出身、高知県在住。小説投稿サイト「エブリスタ」にて執筆活動を行い、『恋に生死は問いません。』を改稿・改題した本作でデビューした。


BOOKウォッチ編集部 Yukako)
  • 書名 あの日から君と、クラゲの骨を探している。
  • 監修・編集・著者名古矢 永塔子 著
  • 出版社名株式会社宝島社
  • 出版年月日2018年2月20日
  • 定価本体650円+税
  • 判型・ページ数文庫判・266ページ
  • ISBN9784800279767

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

デイリーBOOKウォッチの一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?