読むべき本、見逃していない?

無料漫画で見てから、本買って!

  • 書名 居酒屋ぼったくり
  • 監修・編集・著者名秋川滝美 著
  • 出版社名アルファポリス発行、星雲社発売
  • 出版年月日2018年3月 5日
  • 定価本体670円+税
  • 判型・ページ数文庫判・357ページ
  • ISBN9784434241956

 「居酒屋ぼったくり」なんて店があっても入りたくないが、多くのお客さんがついているようだ。というのはネットの話。『居酒屋ぼったくり』は発行元のアルファポリスのウェブで、漫画が無料公開され、毎月連載が更新されている。コミック単行本、それをノベライズした単行本も発売されヒット、今回文庫化されたのが本書だ。先日、『少年ジャンプが1000円になる日』で紹介した、ウェブ漫画と書籍の関係をうまく実践していると言えよう。

 東京の下町にある居酒屋「ぼったくり」は、名前とは裏腹の良心店だ。「どこの家庭でも出てくるような料理で金を取るのは、ぼったくりのようなもんだ」という口癖の店主を慕った常連たちが、「ぼったくり」と書いた暖簾をプレゼントし、店の名前も変えてしまったという店だ。店主亡き後、姉妹が継いでいる。旨い酒と美味しい料理と義理人情が息づいている、というとテレビドラマで見たような話だが、実際にドラマ化され、4月14日(2018年)からBS12トゥエルビで放送される。

 簡単なつまみの作り方や全国の銘酒の情報など、実用的な情報が盛り込まれているのがコツだろう。本書のコラムでも、コンビニおでんに豚バラ肉とみそを足して、ひと煮立ちさせるといつもと違う味が楽しめるなど、ちょっとしたひけつがあちこちに。

 著者の秋川滝美さんは、2012年オンラインで作品公開を始め、同年に『いい加減な夜食』で出版デビュー、同シリーズは累計28万部のヒットだという。

 食べものと漫画、テレビの相性はよく、そこそこ数字は稼げるのだろう。テレビはグルメ番組であふれている。その勢いをかっての書籍化、文庫化という訳だが、漫画から活字への誘導がどれだけ出来るのか、注目したい。

 本書もネットで漫画を無料で見て、納得したら買えばいいと思う。それなら「ぼったくり」とは言われないだろう。

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

デイリーBOOKウォッチの一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?

sub