読むべき本、見逃していない?

少女たちが鏡をくぐり抜けて見たものは

書評掲載元:週刊新潮 2017年8月17・24日合併号 BOOK私が選んだBEST5

かがみの孤城

 学校で居場所をなくした女子中学生の物語。部屋に閉じこもっていた彼女の目の前である日突然、鏡が光り始める。その鏡をくぐり抜けた先には不思議な城が...。なかには似た境遇の少女たちが集められていた――。そこで彼女たちは、現実の社会では失った自分の居場所を得ていく。

 彼女たちが、なぜこの場所に? 出版社が提供している書誌情報には「すべてが明らかになるとき、驚きとともに大きな感動に包まれる。 生きづらさを感じているすべての人に贈る物語」とある。

 著者は、本書の刊行を記念するインタビューで、自身の中学生時代について触れ「中学のときが一番、いろんなことやったり、いろんな場所に出かけたりしていた気がするんです。それはなぜかと考えてみると、たぶん本を読んでいたからなんですよね」と述べ、本書では読書を鏡に置き換え、そのなかの世界を舞台にした。

「本を読むというのは他人になることですし、本の世界を見るというのが、ある意味超常現象みたいなことで、異世界に連れて行ってもらえるのと同じ。鏡がどこかと繋がるというのは、私にとっては本を開いて本のページの向こうに行くような感覚で、その想像の延長線上が今回の設定になったんだろうなと思います」

 読書好きが高じて女優から作家、書評家へとフィールドを広げた経歴を持つ中江有里さんは「夏休みお薦めガイド」の「BOOK Selection 私が選んだBEST5」に本書をリストし、「読みすすめるうちに自分が同世代だった頃の息苦しさが蘇った。設定から子ども向けと思われるかもしれないが、生き辛さを抱える大人にも響くはず」と述べている。

  • 書名 かがみの孤城
  • 監修・編集・著者名辻村 深月 著
  • 出版社名ポプラ社
  • 出版年月日2017年5月11日
  • 定価本体1800円+税
  • 判型・ページ数四六判・558ページ
  • ISBN9784591153321

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

デイリーBOOKウォッチの一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?