本を知る。本で知る。

テクノクラートの英知が戦争を終わらせた

書評掲載元:文藝春秋 2017年9月号

日本のいちばん長い日 決定版

 もはやタイトルを聞いただけで、すぐに、あの日のことだなとピンとくる。1945年(昭和20年)8月14日の正午から、玉音放送を通じてポツダム宣言の受諾を知らせる8月15日正午までの24時間を描いたノンフィクションだ。
 緊迫の御前会議、ご聖断、陸軍の抵抗、放送局での攻防・・・。2度の映画化もあり、概要はよく知られている。
 月刊文藝春秋の2017年9月号で、作家の佐藤優氏が改めて本書を取り上げている。
 ポイントは二つ。佐藤氏はまず「翻訳」に注目する。連合国側との英文でのやりとりの中にある「subject to」をどう訳すか。軍はズバリ「隷属」と訳した。この場合、「天皇および日本国政府の国家統治の権限は・・・連合国最高司令官に隷属する」となる。これに対し、外務省は「制限の下におかる」と訳した。ニュアンスはかなり異なるが、最終的には「外務省の意訳作戦」が奏効した。「外務官僚が英文翻訳と言う技能を最大限に活用し、終戦の流れを固めたのである」。
 もうひとつは、日本放送協会の技術者の見事な対応。クーデターを企てた陸軍の畑中少佐らは放送局占拠を実行し、「我々の気持ちを国民に訴えたい」とくりかえした。しかし、放送会館と放送所への連絡網は技術局員がすでに断っていた。「かりに畑中少佐が放送を強行しても徒労でしかなかったのである」。
 「あの戦争の終結が可能になったのはテクノクラートが英知を結集したからである」。佐藤氏はそう結論づけている。
 1965年に刊行されてから半世紀余。文庫版はなおアマゾの文春文庫の売り上げで5位をキープしている。息の長い本である。

  • 書名 日本のいちばん長い日 決定版
  • 監修・編集・著者名半藤一利 著
  • 出版社名文藝春秋
  • 出版年月日2006年7月 7日
  • 定価本体600円+税
  • 判型・ページ数文庫判・384ページ
  • ISBN9784167483159
  • CコードC0195

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

デイリーBOOKウォッチの一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?