読むべき本、見逃していない?

「¥」は元と円の双方のシンボル 強くなる元はどうなる?

書評掲載元:週刊現代 8月5日号 書評

人民元の興亡

 中国の通貨「人民元」が誕生したのは1948年、中華人民共和国が成立する11カ月前だという。中華民国成立後も通貨の統一は出来ず、各地でさまざまな通貨が混在していた。人民元はそれらを銃口で消し去ったのだ。

 今から30年ほど前に中国に行ったことがある。外国人は当時、外貨兌換券というお札を使うことになっていたため、人民元を見る機会はなかった。中国政府が厳しい外貨管理を行っていたからである。中国の経済規模も小さい時代だった。

 副題にあるように鄧小平による経済改革、そしていま習近平が勧める中華覇権路線に伴い、人民元の影響力はかつてないものになっている。本書は、朝日新聞の中国特派員として、中国の金融当局者を取材した筆者が、中国の通貨の歴史を叙述する形で、中国の権力とナショナリズムを解説するものとなっている。

 評者の遠藤乾(北海道大学大学院教授)は「威信と不安、政治とアイデンティティ、金融と信用とが入り乱れ、読者をぐいぐいと引き込んでいく」と記している。

 日本が深く関与するアジア開発銀行(ADB)、中国主導でつくられたアジアインフラ投資銀行(AIIB)。日本は後者には入っていない。「弾を撃ってないだけで、中国との戦争のひとつなんだよ」というある外交官のことばを本書は紹介している。中国の「元」(YUAN)と日本の「円」(YEN)は同じ由来を持ち、「¥」は双方のシンボルだという。実際、「元」の表記として使われている国もあるそうだ。中国に関心のない読者にも勧めたい一冊だ。

  • 書名 人民元の興亡
  • サブタイトル毛沢東・鄧小平・習近平が見た夢
  • 監修・編集・著者名吉岡桂子 著
  • 出版社名小学館
  • 出版年月日2017年5月29日
  • 定価本体1800円+税
  • 判型・ページ数四六判・395ページ
  • ISBN9784093897716

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

デイリーBOOKウォッチの一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?