読むべき本、見逃していない?

ありえない!?「開催!世界史サミット」

 もし、同時代を生きた偉人たちが国境を超えて語り合ったら?
そんな夢のある発想から生まれたこの本。

■ローマのカラカラ帝、曹操、卑弥呼

■エリザベス1世、徳川家康

■坂本龍馬、エイブラハム・リンカーン

それぞれの時代に、それぞれの悩みを抱え、生き抜いた彼らは何を語るのか?

例えば、第一回サミット開催は216年。
テーマは「市民権は必要か」

ローマのカラカラ帝が、自慢の大浴場オープンに合わせ、
曹操・諸葛亮孔明・卑弥呼を招待する場面から会議は始まる。

あれ?たしか曹操と孔明は赤壁の戦いで敵同士だったのでは…
そんな思いを巡らせながら読み進めていく楽しさもある。

世の中は、歴史ブーム。
面白くてためになる一冊だ。

【局アナnet】 岡田紀子(フリーアナウンサー、ライター) 
http://www.kyokuana.net/profile.html?id=173

出版:徳間書店
著者:浅野典夫
発行:2012年1月31日
定価:1400円(+税)

歴史 地理の一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?