読むべき本、見逃していない?

混迷する世界情勢のカギを握る国。その「野望」と「素顔」に迫る! 集英社新書『イランの野望 浮上する「シーア派大国」』が5月17日(火)に発売!

PR
 イランは米国やイスラエル、サウジアラビアなどと敵対する一方、地域の安定を脅かすIS打倒にも力を入れている。核協議で米国がイランに歩み寄った大きな背景の一つに、IS打倒に向けた「共闘」を模索する狙いがある。イランは中東では希少な安定した大国であり、欧州諸国は制裁解除後のイランを魅力的な市場として注視する。(本文より)

イランと欧米諸国との核開発問題協議が劇的な「合意」に達し、2016年1月に経済制裁が解除された。これによって、総額18兆円とも言われる凍結資金がイランに戻る。シーア派イスラム大国として中東地域の「勝ち組」となり、国際社会のキープレイヤーとして大きく浮上するイランは、「反米」というスタンスを利用しながら諸外国としたたかに渡り合い、シリア情勢の「黒幕」としても暗躍する。特派員として現地に駐在し、政治状況から庶民のメンタリティにまで精通する著者が、世界情勢を読み解くポイントとなるこの国について、詳細にリポートする。

【目次】
はじめに
第1章 シーア派大国への野望
第2章 核開発問題協議――「合意」へのプロセス
第3章 うごめく諸外国の思惑
第4章 「反米」の表と裏
第5章 等身大のイラン社会
第6章 日本はイランとどうつき合うべきか
おわりに

【著者プロフィール】
鵜塚 健(うづか けん)
1969年、東京生まれ。毎日新聞大阪本社地方部副部長。京都大学卒業後、九三年、毎日新聞入社。大津支局、大阪社会部などを経て、2004年4月にはイラク南部サマワで陸上自衛隊の活動等を取材。その後、政治部(外務省担当)、外信部を経て、2009年10月から2013年3月までの3年半、テヘラン特派員を務めた。

http://shinsho.shueisha.co.jp/

[書名]
イランの野望 浮上する「シーア派大国」
[著者]鵜塚 健
[発売日]
2016年5月17日
[定価]本体720円+税
[ISBN]
978-4-08-720833-7

 http://books.shueisha.co.jp/CGI/search/syousai_put.cgi?isbn_cd=978-4-08-720833-7&mode=1

歴史 地理の一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?