本を知る。本で知る。

「合コンには自分よりかわいくない子を連れて行く」は逆効果!?

図解 身近にあふれる「男と女の心理学」が3時間でわかる本

 夫・妻や恋人との関係に悩んでいるあなた、もっと異性にモテたいあなた。男女のお悩みは心理学で解決しよう!

 恋愛心理学やジェンダー心理学といった、男女にまつわる心理学のデータがまるごと一冊になった本がある。『図解 身近にあふれる「男と女の心理学」が3時間でわかる本』(明日香出版)だ。


 本書の内容を一部ご紹介しよう。

 「合コンには自分よりもかわいい女の子は誘わない」という話はよく聞くだろう。かわいい女の子がいると、相対的に自分がブサイクに見えそうだからという理由だ。反対に、自分よりも魅力の劣る人を連れていけば自分が美人に見えるのでは......でも実はその目論見、心理学的には間違っているのだ。

 ロンドン大学がこんな実験をした。一方のグループには、1人ずつ写った写真で魅力を評価してもらう。別のグループには、同じ被写体が3人1組で写った写真で魅力を評価してもらう。すると、1人の写真では魅力の評価が高かった人が、魅力の劣る人と組になって写ると、魅力が低く評価されたのだ。

 2人以上の人間が集まると、それぞれの魅力は「平均化」する。合コンには自分よりかわいい人を連れていって魅力度を引き上げてもらうほうがよさそうだ。

 このほか、「付き合った人の数は何人が一番好感を持たれる?」「『将来離婚しそうな人』は性格でわかってしまう?」「女性がいつも連れだって食事をするのはなぜ?」など、男と女にまつわる気になるあれこれを心理学でズバッと解説している。本書さえあれば、「男心(女心)がわからない!」からはもう卒業だ。


【目次】
第1章 『見た目とファッション』の心理学
・酔っ払うと女性はみんな4割増しの美人に見える?
・「美人は3日で飽きる」はウソだった?
・美人な人ばかり見ていると男性はどんどん不幸になる? など

第2章 『かけ引きと会話』の心理学
・女性が振りまく笑顔は赤ちゃんのときから打算的?
・距離を縮めたいなら観るべき映画はどのジャンル?
・付き合った人の数は何人が一番好感を持たれる? など

第3章 『好みと性格』の心理学
・男性はやっぱりみんな巨乳好き?
・「男は浮気するもの」って心理学的にも正しいの?
・なぜ男性は"筋トレ"、女性は"ダイエット"を好むの? など

第4章 『出会いと恋愛』の心理学
・男女の"恋愛スピード"には1か月くらいのズレがある?
・嫉妬があるから恋愛関係は深くなる?
・ナンパの成功確率は実際のところけっこう高い? など

第5章 『結婚と家族』の心理学
・「愛のない結婚」はそれほど不幸ではない?
・女性が初産で"女の子"をほしがるのはなぜ?
・プライドが高い男親ほど子どもの名前に同じ字を使う? など

第6章 『誤解とすれ違い』の心理学
・実際のところ"男女の友情"は成り立つの?
・男女では「デートに求めるもの」がまったく違う?
・「将来離婚しそうな人」は性格でわかってしまう? など

第7章 『職場と人付き合い』の心理学
・同性ばかりの職場だと女性は結婚願望がなくなる?
・女性がいつも連れだって食事をするのはなぜ?
・年輩の男性ほど近づきにくいのはなぜ? など

第8章 『経済とジェンダー』の心理学
・景気によって男性の好みは変化する?
・景気が悪くなると女性の消費が爆発的に増える?
・「女性は受け身」はただの思い込み? など

■内藤誼人(ないとう・よしひと)さん
心理学者。立正大学客員教授。慶應義塾大学社会学研究科博士課程修了。アンギルド代表取締役。社会心理学の知見をベースに、ビジネスを中心とした実践的分野への応用に力を注ぐ心理学系アクティビスト。主な著書に、『「人たらし」のブラック交渉術』『ビビらない技法』(大和書房)、『ジョジョの奇妙な冒険が教えてくれる最強の心理戦略』(かんき出版)、『リーダーのための『貞観政要』超入門』(水王舎)などがある。著書は200冊を超える。


※画像提供:明日香出版


   
  • 書名 図解 身近にあふれる「男と女の心理学」が3時間でわかる本
  • 監修・編集・著者名内藤誼人 著
  • 出版社名明日香出版社
  • 出版年月日2018年12月13日
  • 定価1,540円(税込)
  • 判型・ページ数B6判並製・248ページ
  • ISBN9784756920072

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

恋愛の一覧

一覧をみる

書籍アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

漫画アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?