本を知る。本で知る。

『推しの子』アニメ化が話題! 「推しとオタク」のマンガ5選

推しの子 1

 大人気マンガ『推しの子』(集英社)のアニメ化が発表された。「芸能界の闇がリアル」と話題を呼んでいる本作。どんなキャストでどう描かれるのか、続報が待ち遠しい。

 『推しの子』をはじめ、「推し」をモチーフとしたマンガは数多い。「推し」と「オタク」がまさかの関係に!? 「推し」を描いたマンガを5作品一気に紹介しよう。

祝アニメ化! 「推しマンガ」のテッパン

『推しの子』(集英社)赤坂アカ原作・横槍メンゴ作画


 アニメ化が決定した本作。「推しの子」とは、読んでそのまま「推しのアイドルが産んだ子ども」のことだ。

 大人気アイドル・星野アイが活動休止した。悲しみに暮れる"アイ推し"の産婦人科医・ゴローのもとに、なんとアイが現れる。アイは極秘で妊娠していたのだった。「安全に元気な子どもを、僕が産ませる」そう誓ったゴローだったが、出産を間近に控えたある日、ゴローはアイのストーカーに襲われ命を落としてしまう。再び目を覚ますと、ゴローはアイの息子になっていた......。

 斬新な設定と先の読めない展開、リアルな"芸能界"の描写。アイドルの嘘ときらめきを描いた大人気作品を、ぜひアニメの前に読んでみて。

『推しの子』をアマゾンで読む 『推しの子』をコミックシーモアで読む

家事代行バイトで訪ねたのは、推しの家だった!?

『多聞くん今どっち!?』(白泉社)師走ゆき


 大人気グループ「F/ACE」の福原多聞くんは、セクシー&ワイルドなアイドルの鑑。そんな多聞くんを推している木下うたげは、家事代行アルバイトの代理で初めての家へ行くことに。先方の名前は「福原多聞」。そう、うたげの推し本人だった。

 そこにいた多聞くんはなんと、アイドルの彼とは別人のようなジメジメネガティブ陰キャ......。「ごめんなさい本当にごめんなさいウソつきクソ野郎で......」そんな弱音を吐く多聞くんに、うたげはブチギレ。「ファンの愛舐めてます?」

 アイドル「多聞くん」を守るため、うたげはジメジメの多聞くんを全力でサポートすることに。アイドルとファンが直接出会ってしまう話なのに、ステージの多聞くんが大好きなうたげの貫く"オタクマインド"が爽快! すべてのオタク、そしてすべてのアイドルに捧げる"推し活"ラブコメ。

『多聞くん今どっち!?』をアマゾンで読む 『多聞くん今どっち!?』をコミックシーモアで読む

誰にも推しをとられたくない! オタクの暴走

『ガチ恋粘着獣 ~ネット配信者の彼女になりたくて~』(竹書房)星来


 さわやかな「推し活」のあとは、粘着ドロドロの「推し活」も。こちらの「推し」はアイドルではなく、インターネットで動画を配信している、いわゆる"配信者"だ。

 女子大生・ヒナは、配信者グループ「COSMIC」のメンバー・スバルに"ガチ恋"している。スバルくんと付き合いたい、誰にもとられたくない、他のスバル推しはみんな邪魔! 日々自分を磨き、お祝いのケーキを作ってSNSに投稿し、配信で"投げ銭"をするヒナ。そんなヒナのもとに、ある日見知らぬアカウントからDMが届いて......。「スバルです。よかったらご飯でもどうかな?」

 タイトルと表紙がちょっとホラーだが、内容がグロいわけではない。でも、オタクの欲望と"推される側"の裏の顔は、ある意味ホラーかも......?

『ガチ恋粘着獣 ~ネット配信者の彼女になりたくて~』をアマゾンで読む 『ガチ恋粘着獣 ~ネット配信者の彼女になりたくて~』をコミックシーモアで読む

二次元の世界に入っちゃった!

『究極のコミュ障オタク女子の私がソシャゲの世界にきたけど、推しが尊すぎてつらい』(宙出版)悦若えつこ


 続いての推しは"二次元"! 主人公の葵は、人と話すのが大の苦手だ。なかなか現実の友達ができずにゲームに没頭する毎日。「ゲームの世界に行きたい、ゲームの世界で生きたい......」と思っていたら、突然ゲームの世界に入っちゃった!?

 「アンタが俺の御主人か?」顔を上げるとそこには、推しキャラクターの剣士・グレン様が。カードでも画像でもなく、目の前で動いて喋ってる......!? たとえ推しでも、目の前に現れるとうまく話せない葵。でも、グレン様は葵のことを知りたいと言ってくれる。推しとなら恋したいかも......?

 すべての二次元オタクの願い、「二次元の世界に行きたい」を叶えるラブコメ。

『究極のコミュ障オタク女子の私がソシャゲの世界にきたけど、推しが尊すぎてつらい』をアマゾンで読む 『究極のコミュ障オタク女子の私がソシャゲの世界にきたけど、推しが尊すぎてつらい』をコミックシーモアで読む

推しが脱退した。いったいどうして......

『推しが辞めた』(講談社)オガワサラ


 オタクには、幸せなときもあれば、目の前が真っ暗になるときもある。アイドルオタクにとって何よりもつらいのが、推しがアイドルを辞めることだ。

 みやび25歳、一人暮らし。派遣の手取り14万円、副業の風俗で30万円、貯金残高5万円。毎月の収入のほとんどを、「6hourS」のミクくんこと小松未来のために使っている。そのことを後悔したことは一度もない。ミクくんのためなら何でもできる。ミクくんがいるから私は幸せ......。そんなある日、何の前触れもなく、ミクくんの脱退が発表された。

 どん底に落ちるみやび。ネットに飛び交う憶測。オタク友達に支えられて何とか気持ちを立て直すも、友達が遊びに連れ出してくれた先で、偶然ミクくんを見かけてしまう。ミクくん、どうして辞めたの......!?

 風俗、パパ活、転売、親金。オタクにもいろいろな隠し事があれば、アイドルにも隠し事がある。「推し」と「オタク」の言えないアレコレを、リアルに暴いていく作品。

『推しが辞めた』をアマゾンで読む 『推しが辞めた』をコミックシーモアで読む



 


  • 書名 推しの子 1
  • 監修・編集・著者名赤坂アカ 原作/横槍メンゴ 作画
  • 出版社名集英社
  • 出版年月日2020年7月17日
  • 定価693円(税込)
  • 判型・ページ数B6判・220ページ
  • ISBN9784088916507

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

アニメ・コミックの一覧

一覧をみる

書籍アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

漫画アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?