本を知る。本で知る。

『GQ』に工藤静香が登場! 20年以上乗り続ける愛車を紹介。

『GQ JAPAN』2022年5月号(4月1日発売)

 3月28日(月)からGQウェブサイトにて2週連続で公開される「愛⾞の履歴書──Vol.6」に、今年ソロデビュー35周年を迎える工藤静香さんが登場した。

book_20220329162237.jpg

 「愛車を見せてもらえば、その人の人生が見えてくる。気になる人のクルマに隠されたエピソードをたずねる大人気シリーズ『愛⾞の履歴書』」は、気になる人のクルマに隠されたエピソードをたずねる大人気シリーズ。今回登場した工藤さんは、20年以上乗り続ける愛車、ブラックのフェラーリ「F355」をウェブメディアで初披露した。

 工藤さんは自身の幼少期を「性能について熱く語るような"カーマニア"というわけではありませんでしたが、スーパーカーがとにかく好きで、当時の憧れはランボルギーニの『カウンタック』で、ドアが上に開くミニカーを持っていたほどでした」と語るほどのクルマ好き。ソロデビュー直後の免許取得について「仕事のスケジュールに教習所通学を組みこんでもらいました。とにかく⾃分のクルマが欲しかったんです」と、振り返った。

book_20220329162249.jpg

 4月4日(月)公開予定の後編では、フェラーリ「F355」のカスタマイズに関するエピソードやソロデビュー35周年を迎えた心境を公開予定。愛車のフェラーリ「F355」を「自分が落ち込んでいる時に助けてくれたバディーです!!」と表現するほど、クルマへの愛が溢れる工藤静香さんのインタビューに注目だ。

雑誌『GQ JAPAN』の注目は北村匠海×安田顕インタビュー

book_20220329162520.jpg

 また、4月1日(金)発売の『GQ JAPAN』(コンデナスト・ジャパン発行)の最新号には、 映画「ザ・バットマン」で注目の俳優ロバート・パティンソンが表紙に登場!「ハリー・ポッター」や「トワイライト〜初恋〜」のイメージを覆し、映画に合わせてキャラクターを千変万化させる、"メタモルフォーゼ"な彼の魅力に迫っている。

book_20220329162612.jpg

 さらに、北村匠海さんと、安田顕さんへのインタビューも必読だ。重松清のベストセラー小説「とんび」が初めて映画化され、4月に公開される。北川さんは、主演・阿部寛さんの息子アキラを、安田さんは、幼少期からアキラを家族のように見守る役柄を演じている。

 「とんび」で初共演となる2人だが、北村さんの第一印象は「吸い込まれるような目を持っている人」だったと安田さんは振り返る。また、2人は映画の撮影中でも音楽の話で盛り上がり、DISH//のPVも見せたという撮影秘話を和気あいあいと話した。劇中で丸刈りの中高生から子を持つ壮年まで、幅広い年齢を演じた北村さん。"老けメイク"をしたときには、「僕が親の年齢になったときのことを想像した」と芝居でのエピソードを明かした。

画像提供:コンデナストジャパン
  • 書名 『GQ JAPAN』2022年5月号(4月1日発売)
  • 出版社名コンデナストジャパン
  • 出版年月日2022年4月 1日
  • 定価880円(税込)

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

雑誌・ムックの一覧

一覧をみる

書籍アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

漫画アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?