本を知る。本で知る。

「70年女」の憧れ。少年隊"ニッキ"の変貌ぶりにドキッ!

昭和45年女・1970年女 2022年1月号

   「1970年女」が15歳の時にデビューした少年隊。錦織一清さん(ニッキ)、東山紀之さん(ヒガシ)、植草克秀さん(カッちゃん)のスタイリッシュで情熱的なパフォーマンスに熱狂し、青春時代をささげた人も多いのでは。

book_20211201145622.jpg

   「昭和45年女・1970年女」(クレタパブリッシング)第4弾の巻頭グラビアには、50代半ばにして新しいチャレンジを始めた錦織さんが登場。赤い薔薇を手に、すっかりダンディなおじさまに変貌した錦織さん。眼鏡の奥のまなざしは、少年のまま。インタビューでは今だからこそ語れる当時の心境を明かしている。

奥居香、戸川純、大槻ケンヂ...。80年代サイコー!

   特集のテーマは「BACK TO THE 80's 私たちの時代」。1980年代は、昭和45年女が10~19歳までの多感なティーンエイジャー期を過ごした"蒼い時"。少女から大人に向かう時期に見ていた、アイドルやマンガ、バブルやファミコン、愛や恋など、さまざまなカルチャーを取り上げている。表紙は、80年代カルチャーを代表するイラストレーター・わたべせいぞうさんの描き下ろしイラストだ。

book_20211201145642.jpg

   インタビューには、プリンセス プリンセスの岸谷(奥居)香さん、「孤高にして豪華な歌姫」戸川 純さん、筋肉少女帯の大槻ケンヂさん、たまの知久寿焼さん、桜沢エリカさんなど、錚々たるメンバーが登場している。

■80年代、サイコー!!!!! ~私を作った大好きな時代~
永遠のポップアイコン 岸谷 香

book_20211201145701.jpg

   1986年、70年女が16歳の時にデビューしたプリンセス プリンセス。ガールズバンドがまだ珍しかった時代、彼女たちが同世代女子に与えた影響は大きく、親しみやすさとポップな音楽性で、「私もバンドをやりたい!」と夢を与えてくれた。そんなレジェンドバンドのボーカル・岸谷(奥居)香さんが、彼女たちにとって宝箱のようだった80年代を振り返る。

■戸川 純という生き方
~孤高にして豪華な歌姫は時代を倒した~

book_20211201145719.jpg

   今とは比べ物にならないくらい、"女はかくあるべき"という風潮が強かった1980年代。そんな時代に現れた「戸川 純」の鮮烈さを、本人はどうとらえていたのか。今なお後に続く世代に影響を与える戸川さんご本人が、80年代に残した自身の爪跡について振り返る。

■大槻ケンヂ (筋肉少女帯) が語る
ナゴムと狂気とアングラと

book_20211201145736.jpg

   ロッカーが "ならず者" と恐れられていた1980年代。そんな狂乱の時代に、白塗り顔で登場した筋肉少女帯。80~90~2000年代を生き抜いた大槻ケンヂが、ウソみたいな本当の80年代を述顧する。

鈴木おさむが80年代のテレビを振り返る

   ほかにも、鈴木おさむさんが語る80年代のテレビ、桜沢エリカさんの恋愛マンガ、手芸ブームをけん引した人形作家の大高輝美さんによるハンドメイドワールドなど、懐かしさに胸が熱くなるコンテンツが満載だ。

book_20211201145758.jpg

book_20211201145813.jpg

book_20211201145827.jpg

   「1970年女のNOWを考える」のパートでは、質のいい睡眠をとるための工夫やかんたんお部屋メイク術を紹介。連載インタビューには、PENICILINのHAKUEIさん、山村美智さん、佐藤寛太さん、原田真二さんが登場している。


※画像提供:クレタパブリッシング


  • 書名 昭和45年女・1970年女 2022年1月号
  • 監修・編集・著者名わたせせいぞう 表紙イラスト
  • 出版社名クレタパブリッシング
  • 出版年月日2021年11月30日
  • 定価780円(税込)

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

雑誌・ムックの一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?