本を知る。本で知る。

17歳の酒井法子の「あざとい」笑顔。あの頃の「のりピー」に会える!

酒井法子 デジタルMomoco写真館

 30年の時を超えて、「のりピー」のまぶしい笑顔がよみがえる!

book_20220201131423.jpg
画像提供:ワン・パブリッシング

 2022年1月27日、デジタル写真集「酒井法子 デジタルMomoco写真館」が、株式会社ワン・パブリッシングから発売された。

book_20220201132754.jpg
画像提供:ワン・パブリッシング

 「デジタルMomoco写真館」は、1980年代に発売されていたアイドル雑誌『Momoco』(学習研究社刊・当時)で、毎回巻頭を飾っていた人気企画「Momoco写真館」を復刻するシリーズ。当時の連載では、グラビア撮影の第一人者であった写真家の小澤忠恭氏が撮り下ろしたカットを毎号10ページ以上にわたって掲載していた。

2020年9月号から、カメラ専門誌『CAPA』(ワン・パブリッシング)がリバイバル企画として、「Momoco写真館」のオリジナルフィルムを現在の技術でデジタルスキャンし掲載すると、瞬く間に多くの反響が。当時の雑誌では惜しくも未公開となってしまった秘蔵カットも新たに加えて、全60ページのデジタル写真集として復刻されることになった。

book_20220201132035.jpg
画像提供:ワン・パブリッシング

 「酒井法子 デジタルMomoco写真館」(ワン・パブリッシング)のオリジナルフィルムが撮影されたのは、1987・88年。当時は、ちょうど「のりピー」ブームが始まったころ。酒井さんは、アイドル、歌手として活動する傍ら、漫画家やレースチームの監督にも進出し、活動の幅を広げていた。17歳という時期ならではの瑞々しさと、タレント「のりピー」としての魅力を存分に楽しむことのできる1冊となっている。

 いまなら「あざとい」と言われそうな、あどけなさの残る笑顔がたまらなく可愛い。

book_20220201132904.jpg
画像提供:ワン・パブリッシング
画像提供:ワン・パブリッシング
  • 書名 酒井法子 デジタルMomoco写真館
  • 監修・編集・著者名著 酒井法子 写真 小澤忠恭
  • 出版社名ワン・パブリッシング
  • 出版年月日2022年1月27日
  • 定価1650円(税込)
  • 判型・ページ数74ページ

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

写真集の一覧

一覧をみる

書籍アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

漫画アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?