本を知る。本で知る。

テレワーク、子連れ出社、副業...トリ社会も大わらわです。『会社員でぶどり』待望の6巻参上!

会社員でぶどり6

   累計13億ビューを突破した大人気webコミック「毎日でぶどり」の書籍化第6弾『会社員でぶどり6』(産業編集センター)が9月15日に発売された。ほぼ半分を描き下ろし、再編集しての書籍化第6弾になる。

book_20210917123523.jpg

   「このまま終点まで行きて~な~」と朝の電車で呟くニワトリ会社員でぶどりの脳内は「働きたくない。できればお金のほうから降ってきてほしい」という気持ちでいっぱい。朝は5分でも長く寝させて欲しいなんて考えながら、同じ会社で働く個性豊かなトリたちとゆるくてブラックな日常を過ごしている。そんなでぶどりの会社でも「テレワーク」「裁量労働」「副業」「子連れ出社」などが導入され、慣れないながらも新しい環境にチャレンジしていく。そんな姿を描いた第6巻は見逃せない。

book_20210917123544.jpg
意識高い系なぞなぞ/帰宅しづらいとき

ヒヨコ「みんなが持っていて同じものがひとつもないものはなんでしょう?」
でぶどり「なんだ...?みんな違う?」「トサカ!」
ヒヨコ「答えは『生きる意味』...です」
でぶどり「意識高い系なぞなぞやめい」

 意識高い系のヒヨコとでぶどりの掛け合いが面白い。

book_20210917123606.jpg
できることを広げる/ヒナ連れ出社

book_20210917123622.jpg
ミシェルの発言力/ミシェルの決断

   自己実現にキャリアアップ、恋愛、そして子育て。大人にはなんてたくさんの考えなくてはならないことがあるのだろう。生きづらい世の中ではあるが、その中でゆるりと日常に励むでぶどりたちに、共感が溢れて止まらない。加えて彼らが切磋琢磨する姿をに自然と癒され、抱えたモヤモヤが晴れていく気がする。

   人生は長期戦だ。でぶどりたちを見習って、疲れたらちょっと休んだりして、緩やかに生きていきたい。

■橋本ナオキさんプロフィール

フリーランスのイラストレーター/漫画家。 1992年大阪生まれ。2015年に関西学院大学を卒業後、東京のIT企業でシステムエンジニアとして勤務するが1年半で退職。実務経験はなかったものの、若いうちにやりたいことに挑戦するため、イラストレーター/漫画家として活動を開始する。当たり前だと思っていたことを疑い、自分の頭で考える大切さを伝えるため2018年に「毎日でぶどり」の投稿を開始し、1年でフォロワー数14万人を突破。2021年現在はInstagram、Twitterで投稿を継続しながら、4コマ漫画制作やSNS 運営・記事作成などの仕事に携わっている。著書に『会社員でぶどり』1?5巻、『会社員でぶどり5.5』(産業編集センター)がある。
book_20210917123641.jpg
著者・橋本ナオキさんのイラスト


※画像提供:産業編集センター

 
  • 書名 会社員でぶどり6
  • 監修・編集・著者名橋本 ナオキ(Naoki Hashimoto) 著
  • 出版社名産業編集センター
  • 出版年月日2021年9月15日
  • 定価1,430円(税込)
  • 判型・ページ数A5判・156ページ
  • ISBN9784863113114

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

アニメ・コミックの一覧

一覧をみる

書籍アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

漫画アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?