本を知る。本で知る。

口から針を吐く少女の謎。『准教授・高槻彰良の推察』ドラマの前にチェックしよう!

准教授・高槻彰良の推察2

   『准教授・高槻彰良の推察』(KADOKAWA)のコミカライズ最新2巻が7月27日に発売された。

book_20210729144911.jpg

   原作は、シリーズ累計25万部を突破し、ますます勢いを増す澤村御影さんの「准教授・高槻彰良の推察」シリーズ(角川文庫)。コミック版は漫画を相尾灯自さんが、キャラクター原案を鈴木次郎さんが担当し、月刊コミックジーンで好評連載中だ。8月7日からは、フジテレビ系「オトナの土ドラ」(毎週土曜23時40分)でドラマの放送を控えている。Hey!Say!JUMPの伊野尾慧さんと、King & Princeの神宮寺勇太さんが主演を務めることでも注目を集めている。

「怪異は、現象と解釈によって成り立つんだよ、深町くん」
「大事なのはね、現象に対してどんな解釈をするかということだよ――」

   端正な顔でこうつぶやくのは、怪事件を愛する准教授の高槻彰良。イケメンなのにちょっぴり残念な男である。そんな彼に気に入られ、怪異調査のアルバイトをすることになったのは、他人の嘘を聞き分ける耳を持つ大学生、深町尚哉だ。

book_20210729144928.png

   2人は、周囲で巻き起こる怪奇事件や都市伝説を、民俗学の知識を駆使して解決へと導いていく。

   最新刊では、口から針を吐く少女の事件に挑む。

   高槻は、牧村琴子と原沢綾という二人の女子大生に目を付けた。聞き取り調査のため、高槻の指示に従いバーベキュー会場へ赴いた深町。すると、突然、琴子が腕を抑えて苦しみだした。彼女の腕には、針が刺さっていたのだ。

「どうして...? どうして琴子まで...!」
「綾ちゃん... ねえ私どうすればいいの...?」

   翌日、高槻は二人を研究室に呼び出し、深町に「嘘を言っていると気づいたら、合図をしてほしい」と頼む。事件の真相には、背筋が凍えるような「嘘」が隠されていた――。

book_20210729144945.png

   ドラマでは、高槻准教授を伊野尾さんが、深町を神宮寺さんが演じる。小説、コミック、ドラマと、それぞれのメディアで楽しむことができる「准教授・高槻彰良の推察」シリーズ。ドラマが始まる前に小説やコミックで予習して、それぞれのカラーを存分に楽しもう。

book_20210729145000.jpg


※画像提供:KADOKAWA


 
  • 書名 准教授・高槻彰良の推察2
  • 監修・編集・著者名相尾灯自 漫画、澤村御影 原作、鈴木次郎 キャラクター原案
  • 出版社名KADOKAWA
  • 出版年月日2021年7月27日
  • 定価693円(税込)
  • ISBN9784046804105

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

アニメ・コミックの一覧

一覧をみる

書籍アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

漫画アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?