本を知る。本で知る。

コロナから愛犬を守るには。飼い主が感染したら、どうする?

イヌのカラダにいいこと事典

   愛犬には健康で長生きしてもらいたい。とくに最近では、新型コロナへの感染の不安もある。しかし、巷には色々な情報が溢れていて、何をしてあげるのが正解なのかがわからない。そんな愛犬家の方に向けた実用書を紹介する。

   2021年6月12日、『イヌのカラダにいいこと事典』(世界文化社)が発売された。

main.jpg

   本書は、「愛犬の健康長寿」を願うすべてのイヌ好きのための暮らしの実用書だ。イヌの「食事」「遊び」「健康・美容」「病気・医療」について、2ページ1項目を基本にテーマ別に解説されている。さらに、がんや生活習慣病、認知症、バリアフリーの住環境、寝たきりになった時の介護の仕方など、シニア犬の悩みにも対応している。

   本書の内容を一部紹介していこう。

■愛犬の健康のためのごはんのあげ方3ヶ条

20210613_イヌのカラダにいいこと事典2.jpg

   イヌに必要な三大栄養素は「たんぱく質」「炭水化物」「脂質」だ。毎日の食事が体をつくるので、飼い主として基本事項を知っておこう。

■「わん言葉」を理解できれば、愛犬との絆がますます深まる!

20210613_イヌのカラダにいいこと事典1.jpg

   愛犬と会話できたらいいのに...。誰もが思ったことがあるだろう。犬の言葉を完全に理解するのは難しいが、鳴き方に主張が込められていることも多いという。知っておくと、愛犬との距離が縮まりそうだ。

犬は猫よりコロナに感染しにくい?

   注目は、「猛威を振るう新型コロナウイルス その脅威から愛犬を守る方法は?」の項目だ。新型コロナは人間から動物へも感染すると考えられている。イヌはネコより感染例が少なく、感染が起こりにくいとされているが、まったく感染しないわけではない。愛犬への感染を防ぐために、ごはんをあげるときや、遊ぶ前には、必ず消毒をしよう。

20210613_イヌのカラダにいいこと事典3.jpg

   また、自分が感染して、万が一重症化した場合、愛犬の世話が難しくなることも。一人暮らしで家族に世話を頼めない場合などは、ペットホテルに預けることも考えておいたほうがよいだろう。

   そのほかにも下記のようなテーマが解説されている。どれも気になる内容だ。

● タマネギやチョコだけじゃない意外と知られていないNG食品
● 硬水はあげちゃダメ! イヌの飲み水は軟水にする
● 寒い日の散歩の前にはストレッチでウォームアップがおすすめ
● イヌはひとりぼっちが苦手......留守番のストレスを軽減する方法
● 災害が起こったとき、イヌはどうする?
● ペットの防災グッズ
● 1日10分のマッサージで愛犬との信頼を深めよう
● 足腰が衰えたシニア犬のためにバリアフリーの住環境を整えよう     など

   ペットとの楽しい日々を送るためには、愛情とともに飼い主の知識も必要だ。愛犬との時間を少しでも長く充実したものとするために、日ごろから知識を蓄えておこう。


※画像提供:世界文化社

 
  • 書名 イヌのカラダにいいこと事典
  • 監修・編集・著者名臼杵 新 監修
  • 出版社名世界文化社
  • 出版年月日2021年6月12日
  • 定価1,540円(税込)
  • 判型・ページ数158ページ
  • ISBN9784418214099

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

実用書の一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?