本を知る。本で知る。

【推しコミック】男装の少女が皇宮に。藤間麗『王の獣』

王の獣 1

 男装、半人半獣、差別問題――。『薬屋のひとりごと』など、中華風の世界観を取り入れたコミック作品は数多くある。だが、藤間麗さんの『王の獣』(小学館)のように、それに加えて様々な要素を取り入れた作品はあまりない。

ounokemono.jpg
『王の獣』1~6巻

 主人公は、半人半獣――"亜人"の少女・藍月(らんげつ)。皇宮で殺された双子の弟の敵を討つため、男装をして男と偽り、敵といわれている第四皇子・天耀(てんよう)に従獣(じゅうじゅう)として仕える。「――やっとこの男を殺せる!」

 しかし、天耀は弟殺しの犯人ではなかったことが発覚。天耀やその部下・太博(たいはく)らとともに、真犯人を探すことになる。そうして行動を共にするなかで、天耀への恋心を募らせていく。

男装だからこその距離感

 男装というと『ベルサイユのばら』などを思い浮かべる人もいるかもしれない。

 しかし本作は、そういった宝塚の男役のような「男装の麗人」の物語ではなく、1人の年相応の少女の恋物語だ。「これは尊敬? ...不敬じゃない? "まるで"――」。初めての感情に戸惑いながら愛し愛される喜びに気づいていく藍月の姿は、むしろ王道の少女マンガの主人公を思い起こさせる。

「こんなクソみたいな世の中」

 作中世界では、藍月をはじめとする亜人は被差別階級にある。皇宮で生活するなかで、藍月もたびたび差別に直面する。「所詮、亜人は亜人なのだから」「亜人たちはここまで」と言われ、周囲から蔑まれる。

 理不尽な扱いを受け、「こんなクソみたいな世の中」と藍月が慟哭するたび、胸を締め付けられる。

 最新6巻では、第三皇子・江凱(こうがい)に媚薬を嗅がされ、女であることが露見する。「自覚したほうがいいぜ。...愛でられるのが似合う女だって」。秘密がバレてしまった藍月は――。

 ファンタジーや恋愛など、様々な要素が詰め込まれている本作。幅広い読者に刺さるイチオシの作品だ。


 
  • 書名 王の獣 1
  • 監修・編集・著者名藤間麗 著
  • 出版社名小学館
  • 出版年月日2019年9月26日
  • 定価440円+税
  • 判型・ページ数新書判・168ページ
  • ISBN9784098706273

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

アニメ・コミックの一覧

一覧をみる

書籍アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

漫画アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?