本を知る。本で知る。

「VOCE」付録はトランシーノの美白セットとKATEの「カバー力至上主義」ファンデ

VOCE (ヴォーチェ)2021年4月号

   気が付けば2021年も2カ月が終わってしまった。このところ日中が暖かいこともあり、春の訪れを感じる。さあ、春が始まる前に、この冬に受けたお肌ダメージをほぐしていこう。

   「VOCE」2021年4月号には、豪華な特別付録がついてくる。

   1つは、美白対策の実力派「トランシーノ」だ。「VOCE月間コスメランキング美容液部門」と、「VOCE読者が選んだ!リアルランキングマスク部門」で1位を獲得した「トランシーノ薬用ホワイトニングエッセンスEXⅡ」(1枚)と「トランシーノ薬用ホワイトニングフェイシャルマスクEX」(1包)の2種類。

VOCE4.jpg
画像は、「VOCE (ヴォーチェ)2021年4月号」(講談社)の特別付録

   誌面では、美白アイテムの効果的な使い方を紹介しているので、あわせてチェックしてほしい。

   トランシーノでお肌をもっちりと整えたところで、「カバー力至上主義」ファンデの出番だ。今回は、2021年4月1日発売のKATE「リアルカバーリキッド(ライトグロウ)」をひと足先にお試しできる。たっぷり10回分入っていてお得だ。高密着でダブルカバー処方なので、シミ、毛穴、汚れをきちんと隠して自然なうるつや肌を演出してくれる。

VOCE5.jpg
画像は、KATE「カバー力至上主義」ファンデ

   試しにつけてみると、1回塗っただけでもほくろが目立たなくなった。2度塗りすればコンシーラーいらずだ。つけ心地の良いテクスチャーで肌馴染みが抜群。毎日の使用にもおすすめだ。

この春は美肌の第一歩「肌掃除」を始めよう。

   季節の変わり目、気になるお肌トラブルは、春が来る前に解決したい。特集は、「美肌オーラがあれば、最強!」だ。詳細は下記の通り。

PART1:柔らか透け桃肌vs.ひんやり発光肌
PART2:石井美保さん 美肌オーラの秘密
PART3:新作リップの美肌映えがスゴい。
PART4:透明感増しパウダリーチークvs.血色じんわりジューシーチーク
PART5:透ける!軽肌革命
PART6:朝5分の起死回生ケア
PART7:肌オーラ養成スキンケアBOOK

   ぜいたくな美容液を使っているのにあんまり効果が実感できない。そんな風に感じている人もいるのではないだろうか。見落としがちだが、毛穴に汚れが詰まっていると、せっかくの美容液も効果が激減してしまう。

   そこで美肌プロたちは、美容液がしっかり効く肌を作るために、きちんと「肌掃除」をしていた。普段から肌に優しいアイテムを選ぶ、お肌に触れる際にゴシゴシしないよう注意する、お掃除の後にはしっかり保湿をする。一つひとつの心がけが、美肌への大きな一歩。「肌掃除」を始めて「効く肌」を作っていこう。

VOCE3.jpg
画像は、「VOCE (ヴォーチェ)2021年4月号」(講談社)通常号(右)と増刊号

   また、増刊号として「付録なし版VOCE (ヴォーチェ)2021年4月号」(講談社)も同時発売している。どちらもショートヘアーの似合う高畑充希さんが表紙だ。


※撮影:BOOKウォッチ編集部

  • 書名 VOCE (ヴォーチェ)2021年4月号
  • 出版社名講談社
  • 出版年月日2021年2月22日
  • 定価690円(税込)
  • 備考増刊号はセブン-イレブンとセブンネットショッピングの限定販売

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

付録がすごいの一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?