読むべき本、見逃していない?

悶絶級に可愛い写真集2021年発売 ワイルドな一面も

 学研プラスは、写真集『砂漠の天使 スナネコ』を2021年1月28日に発売する。

画像は、『砂漠の天使 スナネコ』(学研プラス)
画像は、『砂漠の天使 スナネコ』(学研プラス)

 スナネコとは、アフリカや中東の岩砂漠などに生息する世界最小級の野生ネコで、日本では那須どうぶつ王国・神戸どうぶつ王国の2か所で見ることができる。

初めての展示スペースを走りまわる
初めての展示スペースを走りまわる"スナネコ王子"。/写真=神戸どうぶつ王国

 2020年3月から公開され、4~8月にはスナネコの赤ちゃんが誕生。「悶絶級に可愛い」「やんちゃな姿が子猫のよう」と注目を集めた。那須・神戸あわせて5頭の赤ちゃんがすくすくと成長中だ。日本動物園水族館協会加盟園館としては、スナネコの展示も繁殖も日本で初めてのこと。前例のない中、懸命な飼育で命をつないだことも大きな感動を呼んだ。

人工哺育で育てられた赤ちゃん
人工哺育で育てられた赤ちゃん"アミ―ラ"。/写真=那須どうぶつ王国

 本書は、誕生からいちばん近くで見てきたスタッフが撮影した秘蔵写真や、スナネコファンなら知っておきたい飼育の裏話などが掲載されている。

飼育員の手をがぶり。/写真=神戸どうぶつ王国
飼育員の手をがぶり。/写真=神戸どうぶつ王国

 夜行性で臆病な性格もあり、野生環境では姿を見ること自体とても難しいと言われている希少な動物の魅力がたっぷり。天使のような可愛さだが、スナネコは野生動物。牙も鋭く気性も荒く、人になつくことはないそうだ。「決してペットとして飼いたいと思わないで下さい」と注意喚起も。

高貴な美しさと野性味が同居するのが魅力。/写真=神戸どうぶつ王国
高貴な美しさと野性味が同居するのが魅力。/写真=神戸どうぶつ王国

 動物園と写真集との両方でその可愛さを楽しむのがよさそうだ。

※画像提供:学研プラス



 


オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

写真集の一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?