読むべき本、見逃していない?

オサムグッズのボトルは永久保存! 話題の「ベランピング」って?

 秋の風物詩の1つが、お月見。自宅なら、縁側やベランダで楽しむイメージがある。では、いまひそかにトレンドになりつつある「ベランピング」は聞いたことがあるだろうか。

画像は、「リンネル」2020年11月号(宝島社)通常号(編集部撮影)
画像は、「リンネル」2020年11月号(宝島社)通常号(編集部撮影)

 「リンネル」2020年11月号(宝島社)が、9月19日に発売される。表紙を飾るのは、やわらかい雰囲気が雑誌のカラーにマッチしている蒼井優さん。フリルが大胆にデザインされたトップスは、モノトーンながら華やかさもあり、美しい。

 本誌では、「心と体が元気になる、秋にしたい6つのこと」を特集する。真っ先に目を引くのが、「ベランピングで十五夜パーティ」という提案だ。「ベランピング」とは、ベランダにキャンプ用のイスやテーブルを置き、屋外での時間を楽しむこと。海辺の町・葉山(神奈川)にある自宅のベランダで、リラックスタイムを過ごす例などが紹介されている。

 即席の月見台にお供え物やススキを飾り、恋人と2人きり、または家族だけで開催する月見の宴は、非日常の贅沢な空間。広いベランダとまではいかなくとも、スペースを活用して月見酒を味わってみたい。

 他にも、「潤いを取り戻す秋の養生スープ」や「指先に秋色ネイルをひとしずく」など、今年の秋を元気に過ごす提案が並ぶ。1年の中でも、比較的過ごしやすい秋。せっかくなら、心や体が喜ぶような時間の使い方を意識したい。

 「リンネル」は、通常号の他、増刊号と特別号も含む計3種が発売され、もちろん付録がそれぞれ異なる。

画像は、「リンネル」2020年11月号(宝島社)通常号の付録(編集部撮影)
画像は、「リンネル」2020年11月号(宝島社)通常号の付録(編集部撮影)

 通常号の付録は、marble SUD(マーブルシュッド)の「ハリネズミがかわいい! 持ち運べる整理収納セット」だ。ポケット付きバニティポーチと、ポーチの仕切りとしても使えるミニボックス2つがセットになっている。

画像は、「リンネル」2020年11月号(宝島社)通常号の付録(編集部撮影)。ミニボックスは単品でも仕切りとしても使える
画像は、「リンネル」2020年11月号(宝島社)通常号の付録(編集部撮影)。ミニボックスは単品でも仕切りとしても使える

 バニティポーチのフタにはポケットが付いていて、充電コードやペンなど、部屋の中で見失いがちな小物を収納しやすい。付属のミニボックス2つを入れれば仕切りにもなるので、整理整とんもラクチンだ。

画像は、「リンネル」2020年11月号(宝島社)増刊号の付録(編集部撮影)
画像は、「リンネル」2020年11月号(宝島社)増刊号の付録(編集部撮影)

 セブン-イレブン&セブンネットショッピング限定の増刊号は、OSAMU GOODS(オサムグッズ)の「スリムタイプのステンレスボトル」が付録。水色ベースに描かれたキャラクターたちがなんともキュート。200ミリリットルとコンパクトなので、持ち運びもしやすい。

 特別号も、同じくセブン-イレブン&セブンネットショッピング限定。こちらには、OSAMU GOODSの「レトロなデザインがかわいい トレイ 大小3枚セット」が付いてくる。メラミン製のスクエアトレー3枚のセットだ。どこかなつかしいデザインがかわいらしい。おやつをのせれば、いつものティータイムがぐんとおしゃれになる。

画像は、「リンネル」2020年11月号(宝島社)増刊号(編集部撮影)
画像は、「リンネル」2020年11月号(宝島社)増刊号(編集部撮影)

 どんなふうに今年の秋を過ごそうか。そんなことを考えながら、付録を選ぶのも楽しいかもしれない。


※撮影:BOOKウォッチ編集部

 

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

付録がすごいの一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?