本を知る。本で知る。

大切な人を悔いなく送るには... 突然「喪主」になったときのお助け本

 家族や大切な人を亡くしたとき、遺族は悲しみにひたる間もなく、葬儀の準備を始めなくてはならない。喪主という立場なら、なおさら忙しくなる。でも、いったい何から始めたらいいの?

画像は、『心のこもった 葬儀・法要のあいさつと手紙 マナー&文例集』(主婦の友社)
画像は、『心のこもった 葬儀・法要のあいさつと手紙 マナー&文例集』(主婦の友社)

 主婦の友社から発売されている『心のこもった 葬儀・法要のあいさつと手紙 マナー&文例集』には、葬儀までの大まかな流れと遺族がするべきこと、さまざまなシチュエーションを想定したあいさつやお礼状の例文、葬儀に適した装い、お金のマナー、正しい作法などが紹介されている。

 特に頭を悩ませるのは、通夜や葬儀でのあいさつだろう。故人を大切に思えばこそ、聞く人の心に響く内容にしたい。

画像は、出棺時の喪主あいさつ例文―父親が急死した時―のページ。『心のこもった 葬儀・法要のあいさつと手紙 マナー&文例集』(主婦の友社)より
画像は、出棺時の喪主 あいさつ例文―父親が急死した時―のページ。『心のこもった 葬儀・法要のあいさつと手紙 マナー&文例集』(主婦の友社)より
画像は、出棺時の喪主あいさつ例文―父親が急死した時―のつづきページ。『心のこもった 葬儀・法要のあいさつと手紙 マナー&文例集』(主婦の友社)より
画像は、出棺時の喪主あいさつ例文―父親が急死した時―のつづきページ。『心のこもった 葬儀・法要のあいさつと手紙 マナー&文例集』(主婦の友社)より

 本書には、急死した父親の葬儀で喪主を務める母親の代わりに出棺時のあいさつをする場合の例も掲載されている。このような時は「故人の長女で○○○○と申します」などと、簡単な自己紹介から始めるのがマナーだ。

 それから会葬のお礼や故人の思い出、生前のお礼と続くが、可能な限り参列者の顔ぶれを確認して関わりのあるエピソードを加えるとベター。文例を読めば、大切な人とのお別れに盛り込むべき要素が分かる。

画像は、女性の参列者が着用する喪服のページ。『心のこもった 葬儀・法要のあいさつと手紙 マナー&文例集』(主婦の友社)より
画像は、女性の参列者が着用する喪服のページ。『心のこもった 葬儀・法要のあいさつと手紙 マナー&文例集』(主婦の友社)より

 本書には葬儀に参列する際のマナーも解説されているので、一冊手元に置いておけばいざという時に役立つ。

画像は、お金のマナーページ。『心のこもった 葬儀・法要のあいさつと手紙 マナー&文例集』(主婦の友社)より
画像は、お金のマナーページ。『心のこもった 葬儀・法要のあいさつと手紙 マナー&文例集』(主婦の友社)より

 記者などは「縁起でもない」とつい目をそらしてしまうのだが、「その日」が来たら、大切な人を心から供養し、後悔なく送り出すためにも、正しい知識とマナーを身につけておきたい。


オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

実用書の一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?