読むべき本、見逃していない?

島田雅彦と金原ひとみの対談が聞ける特別な一夜

 作家の島田雅彦さんと金原ひとみさんの対談イベントが渋谷で開催される。

 無限カノン三部作などの有名文学作品だけでなく各メディアなど多方面で活躍される島田さん、そして、『蛇にピアス』で芥川賞を受賞し鮮烈な印象を放った金原さん。二人の特別対談が、「Bunka祭2019」の関連企画「ドゥマゴサロン 第19回文学カフェ 美味なる文学」として実現する。

shimada.jpg
写真は、島田雅彦さん(左)と金原ひとみさん(右)のお二人

対談テーマは「食と文学」

 今回は、自身の創作活動と「食」がどのようにかかわってきたか、また、自身が触れてきた文学作品の中で印象に残っている「食」の話題などをお二人の言葉で語っていただく、まさに、食と文化の秋にぴったりの対談になる予定。

 島田さんと金原さんが対談する「ドゥマゴサロン 第19回文学カフェ 美味なる文学」は、10月8日(火)18:30受付開始、開演は19:00から。会場はBunkamura内B1F特設会場(渋谷区道玄坂2-24-1)。チケットは2,500円(税込・全席自由)、未就学児は入場不可となっている。

 島田さんは、私小説『君が異端だった頃』(集英社)、金原さんは夫以外との愛に触れた『アタラクシア』(集英社)というそれぞれ新刊を出されたばかり。対談後にサイン会も行われるので、新刊について直接聞ける貴重なチャンスもあるかもしれない。

イベントの一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?