読むべき本、見逃していない?

「グルマン世界料理本大賞2019」で『八寸・強肴で困らない本』が部門グランプリ

 世界文化社は「グルマン世界料理本大賞2019」の「MATCHING FOOD AND BEER OR SPIRITS」部門で同社刊『八寸・強肴(しいざかな)で困らない本』(著者/入江亮子)がグランプリを受賞したことを明らかにした。また同著者による『茶事の懐石料理がホントに一人で作れる本』(著者/入江亮子・佐藤宗樹)も、「TEA/ASIA」部門で3位入賞した。授賞式イベントは2019年7月3~5日、マカオで行われた。

 入江亮子さんは茶懐石・精進料理・日本酒などわが国古来の伝統食文化を継承する「温石会」主宰。いままでに手がけた茶懐石の出張料理は3000回以上。地方特産品や和食メニューの開発などもしている。

 同賞は1995年にエドゥアール・コアントロー氏(リキュールで有名なコアントロー家出身)によって設立された、 世界唯一の料理本の賞。

irie.jpg
『八寸・強肴で困らない本』(世界文化社)

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

トピックスの一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?