本を知る。本で知る。

講談社「ブルーバックス」が研究者を応援するクラウドファンディングBBO創設

 講談社は、日本の出版社としては初めて、研究者を支援する、まったく新しいタイプのクラウドファンディングのプラットフォームを2019年7月2日創設した。講談社の科学新書シリーズ「ブルーバックス」にちなんで「ブルーバックス・アウトリーチ」(BBO)と名付けた。

 クラウドファンディングの手法とEC(イーコマース)の仕組みを組み合わせ、より小規模の企画であっても「新しくておもしろい科学コンテンツ」を研究者とともに発信しようというものだ。

 BBOでは、一般的なクラウドファンディングと異なり、商品やサービスの販売元を講談社が担う。また大学などが行う寄附型クラウドファンディングにも対応。研究者が呼びかけ人になり、大学の寄附口座に支援を集める場合にも利用できる。

 7月2日からは、サービスの認知を広げるため、コミック誌「モーニング」に連載中の科学コミック「惑わない星」、「はじめアルゴリズム」とコラボして、描き下ろしイラストによるオリジナルグッズなどの企画を行っている。詳細はBBOまで。

kodansya.jpg
ブルーバックス・アウトリーチのビジネススキーム

トピックスの一覧

一覧をみる

書籍アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

漫画アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?