読むべき本、見逃していない?

「仲良し家族」でも要注意! 相続トラブルはなぜ起こるのか?

  • 書名 『ホントは怖い 相続の話』
  • 監修・編集・著者名木下勇人
  • 出版社名ぱる出版

どんな人でも他人事とはいかないのが「相続」。
「相続なんて資産家だけのもの」と考えられがちだが、そうではない。むしろ、大きな財産のない普通の家だからこそ、相続はもめやすい。そう語るのが『ホントは怖い 相続の話』(ぱる出版刊)の著者で税理士・公認会計士の木下勇人氏だ。

本書は「税理士が伝える相続とはこういうものだ」というイメージとかけ離れた内容となっている。そこには木下氏の「世の中にある相続の情報は相続税の節税に偏りすぎている、節税よりももっと大切なものを見失ってほしくない」という思いがあるという。

木下氏はまた、「うちの家族は仲がいいからもめるわけがない」というのも間違いだとしている。どんなに仲が良くても、財産らしい財産がなくても、もめる時はもめる。それが相続なのだ。

■「仲良し家族」が相続でもめる理由

本書で木下氏は、相続についての基礎知識や相続税対策のノウハウを解説するとともに、相続にまつわる誤解についても紹介している。

たとえば、相続の話になると「うちの家族は仲がいいから」と、もめる可能性を考えず、相続対策を後回しにしている人は少なくない。しかし、いかに仲がよくても、親が亡くなり財産を分け合うような年齢になっていれば、一般的に考えて結婚していたり、進学などでお金がかかる年齢になった子どもがいるケースが多いはずだ。

もちろん、直接の相続人である息子たちや娘たちはもめないように互いに気をつかって相続を進めようとするはずだ。しかし、その夫や妻も同様とは限らない。「もらえるものはもらってよ」という感覚になる可能性は十分にあるだろう。

また、木下氏によると、両親のうちのどちらかが亡くなった際の一次相続よりも、残された方の親が亡くなった際の二次相続の方がもめやすいという。一次相続の場合は残された親の存在があるため丸く収まることが多いが、二次相続は子どもたちだけで相続することになる。そこにそれぞれの配偶者がいると「もっともらえないの?」となりやすいのだ。

■相続税対策をする必要がなくても「財産目録」を作るべき

また、遺産相続にあたってあると便利なのが、相続させる側(親)の財産を一覧にした「財産目録」だが、特筆すべき財産がなく、相続税対策をする必要がない家の場合「財産目録を作る意味がないんじゃないか」と考えがちだ。

ただ、これは間違い。財産目録は相続税対策のためだけでなく、相続する側がスムーズに手続きできるようにするためでもあるからだ。親が亡くなった後、子どもたちが遺産の全容を把握するのは大変な作業になる。

だからこそ、不動産はどこになにがあるか、預貯金や株の状況、あるいは借金(会社の連帯保証を含む)など、プラスのものもマイナスのものも目録として残しておくことで、相続人たちの手間を減らすことができ、トラブルの回避にもつながるのだ。

相続というと「相続税対策」ばかりがクローズアップされるが、節税だけ考えていても相続をスムーズに乗り切ることはできない。また、相続税が発生しない家は相続でトラブルにならないということでもない。

本書では、相続させる側(親)にとっても、相続する側(子ども)にとっても有益な情報が多く紹介されており、誰もがいつかかならず直面する相続について、「知っておかないとまずい情報」も「知っておくと便利な情報」も手に入る。親が元気な今だからこそ、そして自分が元気な今だからこそ手に取ってみるべき一冊だろう。

(新刊JP編集部)

関連記事

「給料が安いから貯金できない」は言い訳 誰でもできる本物の貯蓄術とは

「財産狙った」高齢者との結婚 遺言書でもカバーできない相続の穴

遺産相続、「隠し子の権利」とは?

現場のプロが知っている、財産相続でもめる家族に"6つの要因"

株式会社オトバンク「新刊JP」

次これ読もう、が見つかる「新刊JP」 日本最大級の書籍紹介ウェブサイト。話題の書籍や新刊本をブックナビゲーターが音声で紹介するインターネットラジオ番組「新刊ラジオ」や、書評記事、イベントレポート、出版業界の動向などを提供するニュースメディア「新刊JPニュース」、旬の作家のインタビューを掲載する「ベストセラーズインタビュー」、書店をフィーチャーした企画や電子書籍レビューなど、本にまつわるコンテンツを豊富に揃えています。あなたの「あ、これ読みたい」が見つかるはずです。

記事一覧 公式サイト

新刊JPニュースの一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?