読むべき本、見逃していない?

『コミュニケーション・ストレス』  黒川伊保子著

  • 書名 コミュニケーション・ストレス
  • 監修・編集・著者名黒川 伊保子 著
  • 出版社名PHP新書
  • 出版年月日2020年5月11日
  • 定価本体900円+税
  • 判型・ページ数新書判・252ページ
  • ISBN9784569846729

 ベストセラー『妻のトリセツ』を著した、人工知能研究者の新刊だ。今回の本は家庭のみならず、職場の人間関係に関するアドバイスも随所に登場する。著者によると、職場での行き違いや、夫婦の仲違いが起こる前に、男女のコミュニケーションが生じており、これは「目標を定め、問題解決を目指す脳」になりやすい男性の脳と、「プロセスを重視し、共感を望む脳」になりやすい女性の脳の違いによるものだという。

 男女の「感性の呪縛」を乗り越えるには、同類体験のプレゼントやねぎらいの言葉といった共感テクニックや、男性に話を聞いてもらうための「3秒ルール」といった方法が効果的。さらに、男性は目線があちこちに動いてしまうため、男女でレストランにいくときは相手に集中するために通路側の席に座った方がいい、といったアドバイスも。

 男女の人間関係を改善するために読んでおきたい1冊。

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

夕刊フジ

産業経済新聞社発行が発行する、首都圏・近畿圏を中心に販売されているタブロイド判夕刊紙。ターゲットは30代~60代を中心とした都市型男性ビジネスマン。 WEB版は「ZAKZAK」(http://www.zakzak.co.jp/)で、紙面と同じ記事だけでなく、WEBオリジナルの記事も人気。 書評は毎日掲載しており、紙面ではこのコラムで掲載されたもの以外も読むことができる。

記事一覧 公式サイト

夕刊フジの書評からの一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?