読むべき本、見逃していない?

『母さんは料理がへたすぎる』 白石睦月著

  • 書名 母さんは料理がへたすぎる
  • 監修・編集・著者名白石 睦月 著
  • 出版社名ポプラ社
  • 出版年月日2020年1月 9日
  • 定価本体1600円+税
  • 判型・ページ数四六判・310ページ
  • ISBN9784591165850

主人公は15歳の男子高校生、山田龍一朗。父親は交通事故で他界。働く母と幼稚園に通う三つ子の妹たちのごはんを作り、家事をこなすのが龍一朗の仕事。

『食堂かたつむり』以来食と人生を絡めて描くことにたけた小川糸氏が選考委員をつとめた「第1回おいしい文学賞」受賞作だ。

料理が得意な男子は昨今珍しくないが、龍一朗の場合はこの年で家族の胃袋を支えている。もともと料理好きではあったが、学校に通い、好きな女子もいながら、家のことに振り回される日々に悩みがなくはない。

恋はかなわず、進路にも迷う。それを見守るのが山田家の面々や周囲の人物。たとえば自由で個性的な三つ子たちは、口はとことん生意気だが、兄を信頼し、兄の料理を愛する。

「おいしい」の本質に気付いていく少年の成長に胸が熱くなる、後味最高の青春小説。とにかく元気になりたい人に勧めたい1冊だ。

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

夕刊フジ

産業経済新聞社発行が発行する、首都圏・近畿圏を中心に販売されているタブロイド判夕刊紙。ターゲットは30代~60代を中心とした都市型男性ビジネスマン。 WEB版は「ZAKZAK」(http://www.zakzak.co.jp/)で、紙面と同じ記事だけでなく、WEBオリジナルの記事も人気。 書評は毎日掲載しており、紙面ではこのコラムで掲載されたもの以外も読むことができる。

記事一覧 公式サイト

夕刊フジの書評からの一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?