読むべき本、見逃していない?

「同窓会に行けない症候群」 鈴木信行著

  • 書名 同窓会に行けない症候群
  • 監修・編集・著者名鈴木 信行 著
  • 出版社名日経BP
  • 出版年月日2019年8月26日
  • 定価本体1400円+税
  • 判型・ページ数四六判・240ページ
  • ISBN9784296103294

大勢が集まる同窓会にはもう参加したくない―。ミドル層を中心にそう考える人が増えている。昭和の時代までは、多くの人がこぞって参加していた同窓会だが、平成の30年間で、驚くほど様変わりしている。参加率が下がっているのは「『自分い自身がない』人が増えているからだ」と筆者は考える。

バブル期までは多くの企業が成長し、それに伴い納得できるポストを得られる可能性が高かった。だが、バブル崩壊後の低成長時代は出世できない人が増え、実力主義の導入で後輩が上司になることさえ当たり前になった。

本書は、同窓会に行けないそれぞれの事情を、豊富なデータを使って多角的に考察するが、それだけではない。行きたくもない同窓会にそもそも参加する必要はあるのか、自分と他人を比較することに意味があるのか...。どのように生きるのが幸せかを考えさせられる1冊だ。

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

夕刊フジ

産業経済新聞社発行が発行する、首都圏・近畿圏を中心に販売されているタブロイド判夕刊紙。ターゲットは30代~60代を中心とした都市型男性ビジネスマン。 WEB版は「ZAKZAK」(http://www.zakzak.co.jp/)で、紙面と同じ記事だけでなく、WEBオリジナルの記事も人気。 書評は毎日掲載しており、紙面ではこのコラムで掲載されたもの以外も読むことができる。

記事一覧 公式サイト

夕刊フジの書評からの一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?

sub