読むべき本、見逃していない?

デビッド・ボウイの額に月を描いたのは私です

  • 書名 HAPPY AGEING
  • サブタイトルこれからの私に合うおしゃれ
  • 監修・編集・著者名川邉サチコ、川邉ちがや 著
  • 出版社名日本文芸社
  • 出版年月日2019年8月 7日
  • 定価本体1600円+税
  • 判型・ページ数A5判・160ページ
  • ISBN9784537217094

 母81歳、娘56歳のヘア&メイクアップアーティストが書いたおしゃれのハウツー書である。『HAPPY AGEING これからの私に合うおしゃれ』(日本文芸社)。年齢とともに衰える体力、肌のハリ、髪のボリュームに悩む大人世代の女性へのアドバイスが詰まっている。

「もう、いなくなった人が多くて」と苦笑

 母、川邉サチコさんは美容界の大御所。女子美術大学を卒業して23歳で美容家としてスタート、ヘアとメイクの両方を手掛ける珍しい存在だった。ディオールやシャネルといった世界的なブランドの日本でのヘアメイク、三宅一生、芦田淳なども担当した。映画や舞台で多くの著名モデル、ミュージシャン、タレントが川邉さんのお世話になっている。

 ロックスター、デビッド・ボウイの額に月を描いたエピソードは有名だ。

 「もう、いなくなった人が多くて」と苦笑するが、ご本人は現役のまま。この本では、自らがモデル役で「美」を表現している。この歳でも、これだけ魅せられる。そういう母娘の写真などが200枚近く挿入されている。

 いくつになっても美しくありたい、魅力的でいたい。その秘訣は何か。特効薬はあるのか。

 川邉さん母娘の答えは、「あきらめない努力」である。

「無理をしないで努力する」

 著書のなかから見出しやコメントから拾ってみた。

 ・Tシャツを選ぶとき、自分に合うネックラインに加え素材とサイズ感を必ずチェックする。
 ・メガネはアイメイクの一つ。フレームの色や形がアイシャドウやラインを引き立てる。年を取ると顔がきつく見え、迫力が出るので丸いラウンド型を選ぶ。
 ・見えない下着にこだわる。ファッションの土台となるのが下着。
 ・白髪になって感じるのは、明るいカラーの服を着るとぼやけてしまう。黒に近いネイビーが一番似合う。
 ・年を重ねていることを忘れている人が多い。50代以上には「艶感」が大事。艶を維持するには、やはりお手入れです。
 ・清潔感がなにより大切。若者がおしゃれとするダメージアイテムは大人が着ると不潔。
 ・家も洋服もバッグも手入れしないといい状態を保てない。同じように、肌、髪、頭皮、体に手を入れることが大事。ただし、無理をしないで、できることをやる。

 本書は女性を読者対象としているが、この美的センスは男性にも通用する。

 多くのアドバイスが書かれているが、つまるところ「無理をしないで努力する」である。年に負けない母と娘の魅力的な写真を見ていると、何とかできそうな気がする。

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

デイリーBOOKウォッチの一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?

sub