読むべき本、見逃していない?

美しい悪女の継母を愛した青年は、誘惑を振り切り生きていけるか?

永遠の詩

 「禁断の愛」と聞いて、どんな関係性が思い浮かぶだろう。マスコミでは不倫を盛大に取り上げ、10~12月期は教師と生徒の関係をテーマにしたドラマが放送されている。禁断の恋愛をすることは非現実的だからこそ、他人の不倫に関心を持ち、ドラマの登場人物に自分を重ねて疑似体験したくなるのか。香月夕花(かつきゆか)さんの本書『永遠の詩』(文藝春秋)で描かれているのは、数ある禁断の愛の中でも、息子と、父の再婚相手によるもの。

 元基の実母は、元基を産んだことで心の病になり、しばらく入院した後に亡くなった。元基には、母親がどういうものか見当がつかない。ただ、「何か大切なものが抜け落ちているような、ずらりと並んだ背骨の中で、大事なパーツが一つだけ欠けているような」ボンヤリとした感覚がある。

 3年前、元基は父の再婚相手である希帆と初めて会い、握手を交わした。希帆の小さな手がギュッと握り返してきただけで、胸にジンと響くものがあった。「今まで、自分に欠けていたものはこれだったんじゃないか」と、元基はハッとする。希帆は、いつもはしゃいでいるような可憐な声で、顔も体つきも全てが小さかった。9つ上だと聞かされても信じられないほどだった。

 元基が16歳になった初夏、希帆からはっきり誘われたわけでも、抵抗されたわけでもない。ただ、確かに元基が自分の意思で彼女を抱いた。その後も2人の関係は続き、元基は「寝ても覚めても、欲しがるか、悔いるか、そのどちらか」だった。ところが、彼女の口から「弟」が生まれると告げられた元基は、本当に「弟」なのかと疑念を抱いて家を飛び出す。

 バイト先のカフェで寝泊まりして実家と距離を置いていた元基は、高校卒業後に知人からガラス工芸作家の雨宮を紹介され、未経験ながらアシスタントとして住み込みで働くことになる。雨宮や、カフェのマスターの過去に触れながら、元基はいまだに希帆に溺れてしまいそうになる弱さと向き合う。

 元基が希帆に惹かれるのは、実母との思い出が一切なく、母親の愛情を渇望していたことが原因だろう。それに加えて、魅惑的な希帆が思わせぶりな態度をとるから、元基は完全に自分を見失う。希帆の誘惑を振り切り、希帆への思いを断ち、新たな人生を見い出すために、ガラス工芸の道に飛び込んだ元基。ガラスの美しさ、ものを創造する喜びを知った元基は、希帆との禁断の愛にどう決着をつけるのか――。

 著者の香月さんは、1973年生まれ。大阪府出身。京都大学工学部卒業。2013年「水に立つ人」でオール讀物新人賞を受賞。16年短篇集『水に立つ人』を刊行。本書が初めての長編となる。人物に関してより詳細な描写があると、個々の輪郭がくっきり浮かび上がると思ったが、元基の苦悩、ここから抜け出したいという切実な願いは伝わってきた。

BOOKウォッチ編集部 Yukako)
  • 書名 永遠の詩
  • 監修・編集・著者名香月 夕花 著
  • 出版社名株式会社文藝春秋
  • 出版年月日2018年10月 5日
  • 定価本体1650円+税
  • 判型・ページ数四六判・256ページ
  • ISBN9784163909165

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

デイリーBOOKウォッチの一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?