読むべき本、見逃していない?

お見合い歴43回の著者が描く、おでん屋の客の多様な婚活模様

婚活食堂

 「婚活」ブームの火付け役は、2008年に刊行された『「婚活」時代』(山田昌弘・白河桃子共著、ディスカヴァー・トゥエンティワン)だという。結婚適齢期の特に女性にとって、意識することを避けては通れないであろう「婚活」。最近、大手IT企業による結婚情報サービスのCMを見たが、今の時代、恋愛or紹介によるお見合いの2択ではなく、出会いのきっかけや結婚へのプロセスは多様に用意されているようだ。

 本書『婚活食堂』(PHP研究所)は、社員食堂で働きながら13年に『月下上海』で松本清張賞を受賞し話題になった山口恵以子の書き下ろし小説。自身お見合い歴43回という体験が生きている。「第一章 結婚してない女たち」「第二章 幸せになりたい女」「第三章 母に愛された女」「第四章 "高嶺の花"の女」「第五章 結婚を選んだ女たち」の5章から成る。

 「めぐみ食堂」は、四谷しんみち通りの端っこにあり、客席はカウンター10席のみのおでん屋。女将の恵は今年50歳になり、1人で切り盛りしている。恵は、10年前まではマスコミへの露出の多い人気占い師だった。高校生で「他人に見えないものが見える」力に気づき、大学生で人気占い師・與(あたえ)のアシスタントを始める。恵は與から「天からのお恵み」である力を大事にするよう助言を受け、弟子となり、占い師として独立する。

 ところがその後、與の死、結婚した男による裏切りと、恵は踏んだり蹴ったりの状況に陥り、天から授かった力も何処かに行ってしまう。失意の中、四谷しんみち通りに呼ばれるようにして「めぐみ食堂」に辿り着き、その日閉店すると聞き、即座に買い取ることを決めたのだった。「天から授かった力に頼るのではなく、私の持っている力を伸ばして、もう一度他人様のお役に立てるように、生きていこう」。

 「めぐみ食堂」の常連客は、年齢もバックグラウンドも様々。彼女たちが、各章でそれぞれ幸せを掴みとっていく。20代後半の千波は、美人で実家が一大美容整形病院。ところが、夫のDVにより離婚した過去があり、今はセレブ限定の結婚相談所で婚活中。50代半ばの茅子は、夫と死別して娘と2人暮らし、デパートの派遣社員として長く勤務する。悩みの種は、30歳前の娘に結婚の兆候がないこと。40代前半の由利は、大手アパレルメーカーのキャリアウーマン、婚活より仕事優先。

 彼女たちは、理想の結婚を追い求めて突っ走るのではなく、自然体のまま行くべきところに辿り着き、これが求めていた幸せだったのだと、後に気づく。本書は「婚活」を勧めるものではなく、結婚を決めるきっかけも、幸せの感じ方も、人の数だけ幅があることを伝えている。

 著者の山口恵以子は、1958年東京都生まれ。早稲田大学文学部卒業。松竹シナリ研究所で学び、脚本家を目指し、プロットライターとして活動。その後、丸の内新聞事業協同組合の社員食堂に勤務しながら、小説の執筆に取り組む。「食堂のおばちゃん」シリーズ(角川春樹事務所)もある。本書の巻末に収録されている「『婚活食堂』レシピ集」は、「タラモサラダ」や「茶飯」など、実際に食べたくなるメニューが多く、気軽に試せそうなのも嬉しい。

BOOKウォッチ編集部 Yukako)
  • 書名 婚活食堂
  • 監修・編集・著者名山口 恵以子 著
  • 出版社名株式会社PHP研究所
  • 出版年月日2018年6月 5日
  • 定価本体1500円+税
  • 判型・ページ数四六判・258ページ
  • ISBN9784569837963

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

デイリーBOOKウォッチの一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?