本を知る。本で知る。

「れんげ荘」シリーズ第3弾 無職のキョウコはどうしてる?

ネコと昼寝

 群ようこの「れんげ荘」シリーズは、累計27万部を突破したロングセラー。第1弾『れんげ荘』(2011年)、第2弾『働かないの れんげ荘物語』(15年)に続く第3弾『ネコと昼寝 れんげ荘物語』(角川春樹事務所)が、今年(18年)8月に刊行された。本書は、17年に単行本として刊行されたものの文庫版。

 10万円で、心穏やかに楽しく暮らそう! 45歳のキョウコは、大手広告代理店を早期退職し、都内の古い安アパート「れんげ荘」へ引っ越した。数年後、キョウコは相変わらず貯金を切り崩す生活を送っていた。第1弾・第2弾では、ささやかな幸せを求めて、散歩、読書、刺繍、個性豊かな住人たちとの交流をとおして、穏やかに暮らすキョウコが描かれている。

 キョウコと同じく大手広告代理店に勤務していた女性社員による過労自殺のニュースは、記憶に新しい。著者の群ようこは本書(単行本)の刊行に寄せて「最後の最後まで耐えずにえいっとやめてしまうか...休職するという選択肢はなかったのかと胸が痛むけれど、キョウコは働いている人であれば必ずといっていいほど考える、『こんな会社、やめてやる』を実現した」「いちばん嫌で辛いところからは逃げればいい。しかし生きることから逃げてはいけない」としている(角川春樹事務所『ランティエ』より)。

 早期退職を決断する人の大半は、再就職、趣味への没頭、地方に移住して自給自足など、第2の人生への希望を胸に抱いていることだろう。ところがキョウコの場合、早期退職から数年経った現在も第2の人生の幕を開ける気配はない。第3弾となる本書は、自分の将来や母親への不安を感じつつ、穏やかで自由な暮らしを満喫するキョウコが描かれている。

 「彼らはやめた時点から矢印が上に伸びていっている気がするが、自分はやめたときの点のまま」と自覚しつつ、「会社や同僚、男女の裏も表も知ってしまい、心底疲弊してしまったので、働くのはいや」。「会社をやめて結婚もせず、古い倒れそうな木造アパートに住んで、よそのお宅の飼いネコの来訪を待ちわびる中年女。自分では不幸だとも陰気だとも思っていない」のがキョウコの心境だ。

 バリバリ働くキャリアウーマンから無職へ転身することで、キョウコは肩身の狭い思いをし、時間を持て余し、不安を感じる。同時に、今の生活になってよかったことがいくつも心に浮かぶ。著者自身、6回の転職経験があるそうだが、選択肢は多様にあって、より居心地の良い道に進むのも1つの手だと、本書は教えてくれる。

 著者は、1954年東京都生まれ。日本大学藝術学部卒業。本の雑誌社入社後、エッセイを書き始め、84年『午前零時の玄米パン』でデビューし、その後作家として独立。著書多数。

BOOKウォッチ編集部 Yukako)
  • 書名 ネコと昼寝
  • サブタイトルれんげ荘物語
  • 監修・編集・著者名群 ようこ 著
  • 出版社名株式会社角川春樹事務所
  • 出版年月日2018年8月18日
  • 定価本体500円+税
  • 判型・ページ数文庫判・184ページ
  • ISBN9784758441957

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

デイリーBOOKウォッチの一覧

一覧をみる

書籍アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

漫画アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?