読むべき本、見逃していない?

名古屋だからか、本人の努力によるものか?

日本一売り上げるキャバ嬢の指名され続ける力

 『日本一売り上げるキャバ嬢の指名され続ける力』(株式会社KADOKAWA)とあるが、「日本一売り上げるキャバ嬢」とは、どれくらいの売り上げなのだろうか? 本書を読むと「東海地区で指名数、来客数ともにナンバーワンを7年間続けています」ということだ。昨年(2017年)の「バースデー・イベント」では、2日間で1億円を売り上げたというから、まあ「日本一」というのもあながち誇大宣伝ではないだろう。

 著者は小川えりさん、30歳。「名古屋だからウケた」と、ご本人も書いているのだが、全国の歓楽街の中でも、えりさんが働いている名古屋・錦の特殊な立地のせいもあるのではないか、と名古屋で十数年勤務したことのある評者は愚考する。広小路という名古屋都心のメインストリートをはさんで、栄というビジネス街と錦は向かい合っている。東京で例えるならば、大手町と新宿・歌舞伎町が隣り合っているというようなもの。

 さらに言えば、名古屋は飲食店、風俗店の敷居がとても低いのだ。普通のビルで会社のオフィスと風俗店が隣り合っていたり、別のフロアであったりしてもあまり違和感がない。言ってみれば、ビジネスマンが勤務終了後、移動時間数分でキャバクラに行くのも容易な環境の街なのだ。

 えりさんはキャバクラで仕事をして12年。まったく売れないキャバ嬢だったが、「エンリケ」というニックネームとともに自分をさらけ出すというポリシーを掲げ、爆発的に指名客を獲得していったという。いまやインスタグラムのフォロワー数は20万人を超え、名古屋だけでなく全国からごひいきさんが来店する。

 この手の本にしては珍しく、ビジュアルにも凝っている。シャンパンタワーが林立し、胡蝶蘭が38基も並ぶ写真。変顔がアップされたインスタグラム。優雅な海外旅行の写真やくつろいだ自宅リビングも公開している。

 お水で働く女性なら、「私もこうなりたい」とえりさんに憧れてもおかしくない。どうやったら売れるのか、詳しくは本書を読んでもらいたいが、少しだけ秘訣を公開しよう。

 
  本書によるとキャバ嬢の基本的マナーはこうだ。
 1 座るときは背をつけない  もちろん足を組むのは厳禁だ。
 2 膝の上にはハンカチを2枚置く グラスの水滴をぬぐうためと灰皿交換用だ。
 3 グラスは下の方を持つ。お酒の量をいつもチェックする。
 4 お客様には基本、敬語です 年下のお客様でも敬語を使う。

 えりさんは岐阜県出身。キャバクラで働きながら通信制高校に入り、4年で高校を卒業した。当時めざしていた看護師にはなれなかったが、「最後までやり遂げることの大切さ」を学び、その後の人生に役立ったという。

 最近、本欄では『底辺キャバ嬢、アジアでナンバー1になる』を紹介したばかりだが、実質的に日本でナンバーワンを7年も続けている、えりさんの努力と心掛けは、まったく業種の違う、すべての女性、男性にとっても「成功」するためのヒントに満ちている。

  • 書名 日本一売り上げるキャバ嬢の指名され続ける力
  • 監修・編集・著者名小川えり 著
  • 出版社名株式会社KADOKAWA
  • 出版年月日2018年6月15日
  • 定価本体価格1300円+税
  • 判型・ページ数四六判・238ページ
  • ISBN9784046024190

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

デイリーBOOKウォッチの一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?