読むべき本、見逃していない?

「バブル女子」は今も狙われている!

「おひとりウーマン」消費!

 本書『「おひとりウーマン」消費!』(毎日新聞出版)の著者牛窪恵さんは、世代・トレンド評論家、マーケティングライターとしてテレビ出演も多い女性だ。「おひとりさま」「草食系」といったことばを広めたことでも知られる。今回のタイトルにもなっている「おひとりウーマン」とは、40・50代の独身女性をさしている。「おひとりさま」という新語が出たのは2004年頃だから、彼女たちも相応に歳をとったということだ。

 
少子高齢化時代にあって、彼女たちが市場を切り拓く貴重な存在になる理由は3つあるという。
1 消費好きなバブル世代(現40代半ば~50代半ば)が含まれるから
2 人口ボリュームの団塊ジュニア(現40代前半~半ば)が含まれるから
3 いまも「根拠なき自信」と上昇志向をもち、若さや自分磨きを追求しているから

 統計なども活用しながら、さまざまな消費行動を紹介、予測しているが、なんと言っても著者の真骨頂は、34人の当該女性への取材を通した個別のケースの面白さにある。

 たとえば、福山雅治の結婚がショック(いわゆる「福山ロス」)で、東京都内の2DK、3500万円の新築マンションをヤケ買いした女性(44)。1500万円と手数料分は15年ローンを組み、残る2000万円は貯金から即振り込んだという。掃除ロボット・ルンバのために札幌の中古マンションを買った女性(48)もいる。ルンバを「ピーちゃん」と名付け、その性能をフルに発揮すべく、じゅうたん敷きの賃貸マンションからフローリングの物件に引っ越したのだ。

 旅行に自分磨きにと消費する彼女たちは、そろそろ親の介護という問題に直面しようとしている。そこで牛窪さんが提案しているのが「介護旅」だ。親と一緒にホテル、旅館に泊まり、ほんの1、2時間、介護資格をもつスタッフに親をみてもらい、その間、近隣を散歩したり、ゆったり温泉につかったりする旅を想定している。介護のため、旅行の機会が減るのを食い止める策だ。

 旅行にかんしてもう一つの方向性は郊外旅や田舎旅だ。実際、一人で参加する「ソロキャンプ」の利用者を40・50代女性が4割占める例もあるという。

 本書によると、2030年には全人口の約半数が「おひとりさま(独身)=未婚と死別・離別」になるという予測(野村総合研究所)もある。彼女たちが暮らしやすい社会は、男性にとっても暮らしやすい社会になるだろう。消費だけでなく、制度についても建設的な提案がされている。

 ちなみに「おひとりさま」ということばを最初に提唱したのはジャーナリストの故・岩下久美子さんであることを冒頭に紹介している。そんな著書のフェアな姿勢にも好感をもった。

  • 書名 「おひとりウーマン」消費!
  • サブタイトル巨大市場を支配する40・50代パワー
  • 監修・編集・著者名牛窪恵 著
  • 出版社名毎日新聞出版
  • 出版年月日2017年12月15日
  • 定価本体1450円+税
  • 判型・ページ数四六判・255ページ
  • ISBN9784620324821

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

デイリーBOOKウォッチの一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?