本を知る。本で知る。

突然現れた、憑かれた男の正体は?

僕はもう憑かれたよ

 本書『僕はもう憑かれたよ』(宝島社)は、累計48万部を突破した『死亡フラグ』シリーズの著者である七尾与史が初めて挑む、ミステリー×サスペンス×ラブ×ファンタジー小説。

 ある夜、八木沼真知の部屋に、「美門玲二」と名乗る見知らぬ男が訪ねてきた。初対面にもかかわらず、彼は真知の昔からのあだ名や好物を知っていた。彼が真知の様子を見にきたのは、知人に頼まれたからだという。真知の頭に「ある人物」がよぎるが、その知人と「ある人物」が同一人物でないことは明らかだと思い直す。

 一方の美門玲二は、自分の周囲で不可解な出来事が起きていることに気づく。最近どれだけ休んでも疲れが抜けず、就寝時の動画を撮影してみることにした。すると、そこに映っていたのは、数時間後に起き上がり行動する別人格の「美門玲二」だった。

 本来交わるはずのない真知と美門を結び付けるのは、半年前のとある転落事故――。真知の恋人の織田裕三は、雨で濡れた階段から転落して亡くなった。裕三は優秀な書店員で、客が求める本をセレクトする能力に長けていた。ところが事故に遭う前、「僕は誤診をしたのかもしれない」と裕三は珍しく弱気だった。真知はその言葉の意味と、「美門玲二」の正体が気にかかり、事故の真相を調べ始める。

 「美門玲二」とは何者か、「誤診」とは何か、裕三は本当に足を滑らせて亡くなったのか――。人物の関係性や状況の描写が明快で、読みやすい。謎が解き明かされていく過程を、存分に楽しめる。

 著者の七尾与史は、執筆業の傍ら、静岡県浜松市で歯科医をしている。第8回「このミステリーがすごい!」大賞の最終選考に残った『死亡フラグが立ちました!』で2010年にデビュー。他に『殺戮ガール』『死亡フラグが立ちました! カレーde人類滅亡!?殺人事件』『死亡フラグが立つ前に』(以上、宝島社)、ドラマ化された『ドS刑事』シリーズ(幻冬舎)など、著書多数。

 本書は、15年9月に宝島社から単行本として刊行され、加筆修正し、17年に文庫化された。「ダジャレタイトルには、実はかなりの深謀遠慮が潜んでいた。緻密に計算されたミステリ」と、書評家の大矢博子は本書の最後に記している。

BOOKウォッチ編集部 Yukako)
  • 書名 僕はもう憑かれたよ
  • 監修・編集・著者名七尾 与史 著
  • 出版社名株式会社 宝島社
  • 出版年月日2017年3月18日
  • 定価本体580円+税
  • 判型・ページ数文庫判・349ページ
  • ISBN9784800268020

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

デイリーBOOKウォッチの一覧

一覧をみる

書籍アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

漫画アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?