読むべき本、見逃していない?

過去に縛られず、いま幸せの扉を開くには?

エレノア・オリファントは今日も元気です

 「毒親」とは、子どもを自分の支配下に置き、精神的・肉体的に子どもを傷つけ、その人生に有害な影響を与える親のことである。本書『エレノア・オリファントは今日も元気です』(ハーパーコリンズ・ジャパン、2017年)の主人公エレノア・オリファントの心には、毒母の声がいつも聞こえている。

 エレノアは、30歳の独身女性。友だちも恋人もいない、話し相手は毒母と観葉植物、という自他ともに認める変わり者である。本書のタイトルから受けるポジティブな印象とは裏腹に、エレノアには辛い過去がある。エレノアが10歳の時に家が火事になり、顔の半分に火傷の跡が、心にも強烈な傷が残っている。

 母親から無条件の愛を与えられず、今も会話のたびに罵詈雑言を浴びせられるエレノアは、働いてウォッカを飲んで寝るというサイクルを続け、ひとりでひっそりと生きている。でも本当は変わりたい、未来を夢見ることができる場所へ行きたい、と切に願っている。

 ある夜、エレノアはミュージシャンに一目惚れをして、彼こそが運命の人だと思い込む。人付き合いをしたことがない、感情というものがよくわからない、温もりに触れたことがないエレノアが、自分の手で人生を変えるために動き出す。

 エレノアは、人との楽しい会話、人との触れ合いに幸せを感じ、初めてのことに驚き、人を思う感情が心に芽生えていく。友情、愛情、自尊心というものは、大人になる過程で誰もが身につけるとは限らないことを、彼女から知る。エレノアという一人の女性の克明な描写によって、彼女の気持ちに寄り添い、共感し、友のような近い存在に感じられる。

 本書は、著者ゲイル・ハニーマンのデビュー作である。2014年、英国スコティッシュ・ブック・トラストが才能ある未来の作家の作品に贈る"ネクスト・チャプター・アワード"を受賞。2017年5月に発売されると瞬く間に話題となり、今では35か国で展開されている。女優のリース・ウィザースプーンが早くから映画化権を獲得したことでも話題になっている。

BOOKウォッチ編集部 Yukako)
  • 書名 エレノア・オリファントは今日も元気です
  • 監修・編集・著者名ゲイル・ハニーマン 著 / 西山志緒 訳
  • 出版社名株式会社ハーパーコリンズ・ジャパン
  • 出版年月日2017年12月20日
  • 定価本体1500円+税
  • 判型・ページ数新書判・432ページ
  • ISBN9784596552075

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

デイリーBOOKウォッチの一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?