読むべき本、見逃していない?

香港社会の混沌浮き上がる本格推理

13・67

 

 週刊文春年末恒例の2017ミステリーベスト10、海外部門で1位になったのが、本作『13・67』だ。欧米を差し置いて香港の作品が受賞したというのも快挙だが、著者の陳浩基は『遺忘・刑警(『世界を売った男』文藝春秋刊)』で第二回島田荘司推理小説賞を受賞するなど、日本のミステリー作品から多くを学んだという知日派の作家だ。

 

 さてタイトルの13は2013年、67は1967年を意味する。2013年から香港暴動の起きた1967年まで年代を遡るかたちで6つの短編連作が収められている。香港警察の伝説的な名刑事クワンが活躍するが、第1作「黒と白の間の真実」でクワンは、病院のベッドに横たわる末期がんの植物人間として登場する。脳波の反応でYESかNOを判断し、ある富豪一家で起きた殺人事件を解決する。弟子の刑事ローが考え出したこの突飛な捜査に読者は意表をつかれる。1997年の中国への香港返還など、香港の社会の変化を下敷きにしながらも、それぞれの作品は徹底した本格推理だ。

 

 香港では警察官の評判は長いこと最悪だった。70年代には警察の汚職が問題となり廉政公署(汚職摘発委員会)という組織が設けられ、黒社会(マフィア)との腐れ縁にメスが入れられた。多くの香港映画がこうした背景を題材につくられている。本作に登場するスーパー刑事コンビはいかにも映画向きだ。

 

 週刊文春(2017年12月日号)で池上冬樹氏(文芸評論家)は、「最後の短編を読むと冒頭に戻りたくなる仕掛けもたまらない。年間ベストではなくオールタイム・ベストの傑作だ」と絶賛している。

 

 台北国際ブックフェア賞など複数の賞を受賞、12か国から翻訳のオファーを受け、ウォン・カーウァイ監督が映画化権を獲得した話題作でもある。

  • 書名 13・67
  • 監修・編集・著者名陳浩基 著 天野健太郎 訳
  • 出版社名株式会社文藝春秋
  • 出版年月日2017年9月30日
  • 定価本体1850円+税
  • 判型・ページ数四六判・493ページ
  • ISBN9784163907154

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

デイリーBOOKウォッチの一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?