読むべき本、見逃していない?

30歳のリアリティー、仕事と夢、恋ごころの行方は?

それ自体が奇跡

 

 元日のもつ意味は人それぞれだろう。だが、百貨店に勤める二人にとっては唯一の定休日だった。そんな日に夫が爆弾宣言をした。「サッカーをやる。本気でやる」。妻は反対した。そんな二人の一年をそれぞれの視点で描いた作品だ。

 夫の田口貢は30歳。大学までサッカーをやり、サッカー部があることを理由に今の百貨店に就職した。しかし、前の年に廃部となった。毎日が仕事だけになった。そんなところへ大学の先輩、立花立が東京都社会人サッカーリーグ一部に所属する「カピターレ東京」に入らないかと勧誘に来たのだ。アマチュアで無報酬。だが、Jリーグ入りをめざすという。貢はその場で引き受けた。
 妻の綾は高卒で入社し、貢とはお互い28歳のときに結婚した。結婚3年目だが子どもはいない。紳士服売り場で働いている。ある日、客の天野亮介に声をかけられる。採寸ミスがあったのだ。そのフォローから一緒に映画を見に行く仲になり、心が傾き始める。
 貢のサッカー人生はどうなるのか? 綾と天野の関係はどうなるのか? 夫婦の初めての危機はどうなるのか? ひと月ごとに夫、妻の視点で物語が進んでいく。

 アマチュアサッカー界と百貨店業界の様子が詳しく書かれている。夢を持ちながら働く夫、今の生活を守りながらも新たな出会いに心をときめかせる妻。30代の人生のリアリティーが随所に感じられる作品だ。

 著者の小野寺史宜さんは2006年に『裏へ蹴り込め』でオール讀物新人賞を受賞してデビュー。サッカーやロック音楽を題材にした青春小説を多く書いてきた。最近は、夫婦を題材にした作品を執筆しており、本作は「夫婦三部作」のラストとなる作品だ。果たして、今年の元日を作中の二人はどうやって迎えるのか。


 
お知らせ
 本作を特集したページがオープンしました。編集担当者や、販売担当者のコメントも読むことができます。ぜひ、ご覧ください。

特集ページはこちら
  • 書名 それ自体が奇跡
  • 監修・編集・著者名小野寺史宜 著
  • 出版社名講談社
  • 出版年月日2018年1月10日
  • 定価本体1450円+税
  • 判型・ページ数四六判・272ページ
  • ISBN9784062206730

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

デイリーBOOKウォッチの一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?