本を知る。本で知る。

朝ドラを10倍楽しむ本

書評掲載元:クロワッサン 2017年9月10日号

みんなの朝ドラ

 毎朝、何となく見てしまうNHKの連続テレビ小説「朝ドラ」。本書は朝ドラに詳しいライター、木俣冬さんによる「朝ドラ愛」が詰まった解説書だ。

 朝ドラの歴史は1961年の「娘と私」にさかのぼる。「うず潮」、「たまゆら」、「おはなはん」、「あしたこそ」などのヒットが続いた60年代は、最高視聴率が50%を超えることが珍しくなかった。林美智子、樫山文枝、日色ともゑ、藤田弓子ら多数の女優の出世作となった。中でも83年の「おしん」は60%台を記録する歴史的名作となり、東南アジアなど外国でも大うけした。

 しかし、2000年代に入って奮わなくなり、「ちりとてちん」、「瞳」、「だんだん」、「つばさ」と07年から09年にかけて20%を切る低迷が続く。その苦境を救ったのが10年の「ゲゲゲの女房」だった。

 なぜ10年代になって、朝ドラは復活したのか? 特に著者が強調するのはSNSの影響だ。感想を誰かに伝えて皆で語り合うものになったと指摘する。

 主婦向けに始まった朝ドラ。しかし時代とともに主役も変わる。「クロワッサン」の著者インタビューで、こう語っている。

 「『私の青空』でシングルマザーを、『カーネーション』で不倫を、『とと姉ちゃん』でおひとりさまを。ヒロインのあり方をたぐれば、女の生き方も見えてくる」

 毎朝、何となく朝ドラを見ている人がこの本を読めば、たちまち朝ドラ通になり、朝ドラの楽しみ方も倍加することだろう。

  • 書名 みんなの朝ドラ
  • 監修・編集・著者名木俣 冬 著
  • 出版社名講談社
  • 出版年月日2017年5月16日
  • 定価本体840円+税
  • 判型・ページ数新書判・304ページ
  • ISBN9784062884273

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

デイリーBOOKウォッチの一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?