本を知る。本で知る。

台湾版「スタンド・バイ・ミー」

書評掲載元:毎日新聞 7月16日 書評

僕が殺した人と僕を殺した人 

 2015年に直木賞を受賞した『流』の姉妹編のような話だ。1980年代の台北の猥雑な街の描写、少年たちを取り巻く暴力のきな臭さは共通している。3人の少年が登場する。そして、大人になって回想するシーンが挿入される。

 評者の川本三郎氏(評論家)は「どこかスティーブン・キング原作の映画『スタンド・バイ・ミー』を思わせる」と記す。

 後年、アメリカで起きた少年ばかりを狙った連続殺人事件と3人は関連するらしい。「僕」とはいったい誰なのか? 台湾にも海外の文化や商品が流通したころが舞台となる。少年たちはブレイクダンスに熱中、ある殺人を計画する。友情がテーマの青春小説として楽しむことができる。

  • 書名 僕が殺した人と僕を殺した人 
  • 監修・編集・著者名東山彰良 著
  • 出版社名文藝春秋
  • 出版年月日2017年5月10日
  • 定価本体1600円+税
  • 判型・ページ数四六判・335ページ
  • ISBN9784163906430

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

デイリーBOOKウォッチの一覧

一覧をみる

書籍アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

漫画アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?