読むべき本、見逃していない?

アスリート以外で東京五輪に参加する方法

世界をもてなす語学ボランティア入門

 「2020年東京オリンピック・パラリンピック」。国内で開かれる歴史的イベントにかかわれることになれば、アスリートではなくても「一生の思い出」になろう。その一番の近道は「ボランティア」であり、なかでも「語学ボランティア」に期待と注目が高まっているという。

 本書は、数年前から拡大している「インバウンド市場」などから、オリンピック・パラリンピック時のボランティア特需を見越して、入門のための情報、登録の仕方、業務の実際などについて、ロンドン、ブラジル・リオデジャネイロ両大会でのエピソードを交えながら、丁寧にされ解説している。東京都の「おもてなし語学ボランティア」育成講座の受講生募集などはすでに実施されており、こうしたピンポイントに狙いを定める一方で、全体を俯瞰するためには本書は有用だ。

 オリンピック・パラリンピックの20年東京開催が決まったのは13年9月。これより前の12年度に英検の総受験者数は延べ約9283万人だったが、15年度には1億人を突破し16年度は約1億474万人だった。また、TOEICの受験者数は12年度に約252万人で、15年度、16年度は270万人を超えた。「語学ボランティア」への関心が高まっていることを示す一端ともみられる。

 政府は17年3月に「通訳案内士法及び旅行業法の一部を改正する法律案」を閣議決定。"おもてなし"にむけた規制緩和も見込まれており、本書はボランティアの枠を超えた実用書としても使えそう。

  • 書名 世界をもてなす語学ボランティア入門
  • 監修・編集・著者名イーオン著
  • 出版社名朝日出版社
  • 出版年月日2017年5月15日
  • 定価本体1500円+税
  • 判型・ページ数四六判・208ページ
  • ISBN9784255009964

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

デイリーBOOKウォッチの一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?